中2理科
中2理科
5分でわかる!化学変化と質量

14
Movie size

5分でわかる!化学変化と質量

14

子どもの勉強から大人の学び直しまで
ハイクオリティーな授業が見放題

カンタン登録1分

この動画の要点まとめ

ポイント

化学変化と質量1

中2 理科化学12 ポイント2、答えあり

これでわかる!

ポイントの解説授業

化学変化の前後で質量は変わらない

lecturer_avatar

化学変化が起きたときの質量の変化を見ていきましょう。
今回の実験では少し見慣れない物質を使っていきます。
まず、 硫酸 です。硫酸は酸性で、ものを溶かす液体です。
もうひとつは、 水酸化バリウム です。
水酸化バリウムはアルカリ性で、硫酸同様、ものを溶かす液体です。
この硫酸と水酸化バリウムを混ぜあわせてみましょう。
硫酸と水酸化バリウムを混ぜあわせると、硫酸バリウムというものが出来ます。
硫酸と水酸化バリウムは 液体 ですが、出来上がった硫酸バリウムはなんと、 固体 なのです。

中2 理科化学12 ポイント2、答えあり

lecturer_avatar

液体と液体を混ぜ合わせたのに固体が出来るという不思議な反応ですが、こういった場合に質量は一体どうなっているでしょうか。
先に結論を言ってしまうと、どんな化学反応でも反応前と反応後の、 反応に関わった物質全体の質量は変化しません
例えば、この実験で初め、質量をはかったら30[g]だったとします。
反応後に質量をはかった場合も、元々の質量と同じ30[g]になるわけですね。

lecturer_avatar

簡単に理由を説明しておきましょう。
私たちの身のまわりの物質はすべて原子という小さい粒からできているという話は覚えていますか?
この原子ですが、 どんな化学反応が起こったとしても、作っている原子は変わりません
そのため、原子のつながり方が変化しても、原子の重さは変わらないわけですね。
どんな化学反応が起きても質量は変わらない法則のことを 質量保存の法則 と言います。

中2 理科化学12 ポイント2、答えあり

lecturer_avatar

化学変化の前後で、反応に関わった物質をちゃんとはかれば質量は変わらない。
この質量保存の法則が今回のテーマとなります。

Itami
この授業の先生

伊丹 龍義 先生

教員歴15年以上。「イメージできる理科」に徹底的にこだわり、授業では、ユニークな実験やイラスト、例え話を多数駆使。

化学変化と質量
14
友達にシェアしよう!
Logo black
Register description
  • すべての授業の「要点まとめノート」「問題・解答」をPDF無料ダウンロードできる
  • 学校で使っている教科書にあわせて勉強できる
  • わからないところを質問できる

      会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

      この授業のポイント・問題を確認しよう

      化学変化と原子・分子

      Logo black
      Register description

          会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

          化学変化と質量、温度

          Logo black
          Register description

              会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

              中2理科