中1理科

中1理科
5分でわかる!入射角と屈折角

104
Movie size

5分でわかる!入射角と屈折角

104

子どもの勉強から大人の学び直しまで
ハイクオリティーな授業が見放題

カンタン登録1分

この動画の要点まとめ

ポイント

入射角と屈折角

中1 理科物理3 ポイント1 答え全部

これでわかる!
ポイントの解説授業
lecturer_avatar

光の性質には、直進・反射・屈折がありましたね。
今回はその中の「屈折」について学習します。

水やガラスでは、垂線に対して、光がよりまっすぐ進む

中1 理科物理3 ポイント1 答え全部

lecturer_avatar

光が進んで、材質のちがうものに入ると、進む向きが少し変わります。
これを屈折というのでした。
屈折には、大きく2つのパターンがあります。
まず、1つ目から確認していきましょう。

lecturer_avatar

左の図を見てください。
これは、光が空気から水に入る場合ですね。
このとき、どのように光の向きが変わるのでしょうか?
まずは反射のときと同じように、境目になる面に垂直な線を描いてみましょう。
この線を基準にして、屈折する前の角度を 入射角 といいます。
屈折の場合も、反射のときと同じですね。
次に、光が出るときの角度は 屈折角 といいます。
注意してほしいのが、垂直な線に 近づく向き に曲がるということです。

中1 理科物理3 ポイント1 答え全部

lecturer_avatar

次に、もうひとつのパターンを考えてみましょう。
右の図を見てください。
光が水から空気に入る場合ですね。
この場合にも、やはり進む向きが少し変わります。
ただし、垂直な線に 遠ざかる向き に曲がることに注意しましょう。

lecturer_avatar

以上の内容を整理してみましょう。
光が入るときの角を 入射角 、出るときの角を 屈折角 といいます。
そして、「水やガラスの中では、垂線に対して、より まっすぐ 進む」と覚えましょう。

中1 理科物理3 ポイント1 答え全部

Itami

この授業の先生

伊丹 龍義 先生

教員歴15年以上。「イメージできる理科」に徹底的にこだわり、授業では、ユニークな実験やイラスト、例え話を多数駆使。

入射角と屈折角
104
友達にシェアしよう!
Logo black
Register description
  • すべての授業の「要点まとめノート」「問題・解答」をPDF無料ダウンロードできる
  • 学校で使っている教科書にあわせて勉強できる
  • わからないところを質問できる

      会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

      この授業のポイント・問題を確認しよう

      光・音・力

      Logo black
      Register description

          会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

          光の性質

          Logo black
          Register description

              会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

              中1理科