中1理科
中1理科
5分でわかる!シダ類・コケ類・藻類

48
Movie size

5分でわかる!シダ類・コケ類・藻類

48

子どもの勉強から大人の学び直しまで
ハイクオリティーな授業が見放題

カンタン登録1分

この動画の要点まとめ

ポイント

シダ類・コケ類・藻類

中1 理科生物15ポイント1 答え全部

これでわかる!

ポイントの解説授業

lecturer_avatar

今回のテーマは、「シダ類・コケ類・藻類」です。

陸上に住んでいるシダ類・コケ類、水中に住んでいる藻類

中1 理科生物15ポイント1 答え全部

lecturer_avatar

これまでに出てきた植物は、すべて種子を作って増えていました。
こういった植物を種子植物といいました。
その他に、胞子というものを空気中や水中に飛ばして、増えている植物がいます。
このような植物を胞子植物といいます。
胞子植物には、シダ類・コケ類・藻類の3種類があります。
1つずつ確認していきましょう。

中1 理科生物15ポイント1 答え全部

lecturer_avatar

左の図にイヌワラビという植物が描かれていますね。
イヌワラビはシダ類に分類される植物です。
中央の図はゼニゴケという植物です。
ゼニゴケはコケ類に分類されます。
最後に右の図はワカメですね。
ワカメは藻類というグループに分類されます。

lecturer_avatar

まずは、それぞれがどこに住んでいるかを考えましょう。
シダ類とコケ類は陸上で生活しています。
一方、藻類は水中に住んでいます。

中1 理科生物15ポイント1 答え全部

シダ類には根・茎・葉の区別があるが、コケ類・藻類にはその区別がない

lecturer_avatar

次にからだのつくりを考えてみましょう。
シダ類は根・茎・葉の区別がされています
また、役割分担があるということは、水や養分などを運ぶ必要があります。
つまり、シダ類には維管束があります
これに対して、コケ類には、根・茎・葉の区別がありません
つまり、維管束もありませんね。

中1 理科生物15ポイント1 答え全部

Itami
この授業の先生

伊丹 龍義 先生

教員歴15年以上。「イメージできる理科」に徹底的にこだわり、授業では、ユニークな実験やイラスト、例え話を多数駆使。

シダ類・コケ類・藻類
48
友達にシェアしよう!
Logo black
Register description
  • すべての授業の「要点まとめノート」「問題・解答」をPDF無料ダウンロードできる
  • 学校で使っている教科書にあわせて勉強できる
  • わからないところを質問できる

      会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

      この授業のポイント・問題を確認しよう

      植物の世界

      Logo black
      Register description

          会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

          植物の分類

          Logo black
          Register description

              会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

              中1理科