中1理科

中1理科
5分でわかる!植物の分類

148
Movie size

5分でわかる!植物の分類

148

子どもの勉強から大人の学び直しまで
ハイクオリティーな授業が見放題

カンタン登録1分

この動画の要点まとめ

ポイント

植物の分類

中1 理科生物14ポイント1 答え全部

これでわかる!
ポイントの解説授業
lecturer_avatar

今回のテーマは、「植物の分類」です。

胚珠がおおわれている被子植物、胚珠がむきだしの裸子植物

lecturer_avatar

これまで色々な植物について学んできました。
マツやアブラナ、サクラなどがありましたね。
植物の分類を見ていきましょう。
次の図を見てください。

中1 理科生物14ポイント1 答え全部

lecturer_avatar

これまでに出てきた植物は全部、 たねを作って増える植物 でした。
このような植物を 種子植物 といいます。
種子植物は2つの種類に分類されます。
胚珠(将来こどもになる部分)の様子に注目してみましょう。
1つ目のなかまは、 胚珠がおおわれている植物 です。
この植物を 被子植物 といいます。
私たちの身のまわりにある植物のほとんどは被子植物です。
被子植物に対して、 胚珠がむきだしになっている植物を裸子植物 といいます。
裸子植物のなかまは、あまり多くありません。
身近なものとしては、イチョウやマツ、ソテツなどがいます。

子葉が2枚の双子葉類、子葉が1枚の単子葉類

中1 理科生物14ポイント1 答え全部

lecturer_avatar

次に子葉(最初に出てくる葉)のようすに注目してみましょう。
すると、被子植物はさらに2つの種類に分けられます。
子葉が2枚の植物を双子葉類 といいました。
それに対して、 子葉が1枚の植物は単子葉類 でしたね。
私たちの身の周りの植物のほとんどは双子葉類にあてはまります。
単子葉類には、イネやトウモロコシが含まれました。

花弁がつながった合弁花、花弁がばらばらの離弁花

中1 理科生物14ポイント1 答え全部

lecturer_avatar

最後に、双子葉類を2つに分けてみましょう。
1つ目のグループの植物では、 花弁(花びら)が1つに合わさっています
このような植物を 合弁花 といいます。
例としては、アサガオやタンポポがあります。
合弁花に対して、 花弁がばらばらになっているものを離弁花といいます。
合弁花の花弁はつながっているので、花占いができないと覚えておきましょう。

中1 理科生物14ポイント1 答え全部

lecturer_avatar

植物の分類を覚えましょう。

Itami

この授業の先生

伊丹 龍義 先生

教員歴15年以上。「イメージできる理科」に徹底的にこだわり、授業では、ユニークな実験やイラスト、例え話を多数駆使。

植物の分類
148
友達にシェアしよう!
Logo black
Register description
  • すべての授業の「要点まとめノート」「問題・解答」をPDF無料ダウンロードできる
  • 学校で使っている教科書にあわせて勉強できる
  • わからないところを質問できる

      会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

      この授業のポイント・問題を確認しよう

      植物の世界

      Logo black
      Register description

          会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

          植物の分類

          Logo black
          Register description

              会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

              中1理科