中1理科

中1理科
5分で解ける!種子植物の分類に関する問題

43

5分で解ける!種子植物の分類に関する問題

43
難関大合格パーソナルプログラム難関大合格パーソナルプログラム

この動画の問題と解説

練習

一緒に解いてみよう

中1 理科生物14練習2(答えなし)

解説

これでわかる!
練習の解説授業
lecturer_avatar

植物の分類についての練習問題です。

子葉が1枚なら単子葉類、子葉が2枚なら双子葉類

中1 理科生物14 練習2(1)(2)答えなし

lecturer_avatar

(1)は、種子から初めに出てくる葉の名前を答える問題ですね。
子どもの葉という意味で、 子葉 といいました。

lecturer_avatar

(2)は、子葉の枚数によって、植物を分類する問題ですね。
図の子葉の数を確認しましょう。
片方は1枚、もう片方は2枚ですね。
トウモロコシの子葉の数は1枚なので、
単子葉類 に分類されます。
アサガオの子葉は2枚なので、
双子葉類 となりますね。

双子葉類の根は「主根と側根」、単子葉類の根は「ひげ根」

中1 理科生物14 練習2(3)答えなし

lecturer_avatar

(3)は、トウモロコシの根のつくりを答える問題ですね。
トウモロコシは単子葉類 でした。
単子葉類の根は、一か所からいろいろな方向にのびています。
このような根を ひげ根 といいました。
ちなみに、双子葉類の根は 主根側根 からなりますね。

双子葉類は「網状脈」、単子葉類は「平行脈」

中1 理科生物14 練習2(4)答えなし

lecturer_avatar

(4)は、アサガオの葉脈のつくりを答える問題ですね。
アサガオは双子葉類 でした。
双子葉類の葉脈は、網目状にのびていましたね。
このような葉脈を 網状脈 といいました。
ちなみに、単子葉類の葉脈は平行にのびていました。
これを 平行脈 といいましたね。

双子葉類の茎は「管が円状に並んでいる」、単子葉類の茎は「管が散らばっている」

中1 理科生物14 練習2(5)答えなし

lecturer_avatar

(5)は、トウモロコシの茎のつくりを答える問題ですね。
トウモロコシは単子葉類でした。
単子葉類の茎では、 ものが通る管がきれいに円状に並んでいました ね。
したがって答えは A です。
ちなみに、双子葉類の茎では、 管がばらばらに散らばっていました ね。

答え
中1 理科生物14 練習2答えあり
難関大合格パーソナルプログラム
種子植物の分類
43
友達にシェアしよう!
難関大合格パーソナルプログラム

この授業のポイント・問題を確認しよう

植物の世界

      会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。
      ご利用のメールサービスで @try-it.jp からのメールの受信を許可して下さい。詳しくは
      こちらをご覧ください。

      植物の分類

      難関大合格パーソナルプログラム難関大合格パーソナルプログラム

      中1理科