高校世界史B

高校世界史B
5分で解ける!アジア三角貿易とアヘン戦争に関する問題

1
Movie size

5分で解ける!アジア三角貿易とアヘン戦争に関する問題

1

子どもの勉強から大人の学び直しまで
ハイクオリティーな授業が見放題

カンタン登録1分

この動画の問題と解説

練習

一緒に解いてみよう
下のカッコ内に入る語句を答えよう

高校世界史 中国と朝鮮の植民地化1 練習 括弧空欄

解説

これでわかる!
練習の解説授業
lecturer_avatar

今回はアジア三角貿易とアヘン戦争についての学習でした。
それでは、内容を確認していきましょう。

当時のイギリスと中国の貿易をみる!

lecturer_avatar

ポイント1では、イギリスと中国の貿易について確認しました。当時の中国は貿易港が 広州 1港に限定されていました。そんな中イギリスと中国は、イギリスが中国からお茶や陶磁器を輸入し、銀を一方的に支払う 片貿易 を行っていました。

lecturer_avatar

片貿易によって銀が枯渇してきたイギリスは、植民地の インド を利用して アジア三角貿易 を開始しました。植民地のインドから中国へ アヘン を輸出することで、これ以上の銀の流出を防ごうとしたわけです。

lecturer_avatar

同時期に、イギリスから マカートニー が中国を訪問し 自由貿易を求めて交渉を試みました。 しかしこれは失敗に終わります。次第にイギリスでは、話し合いではなく武力に頼るべきだという意見が強くなっていきました。こうしてイギリスは戦争に踏み切ったのです。

中国の植民地化が開始!アヘン戦争

lecturer_avatar

ポイント2では アヘン戦争 を紹介しました。この戦争のきっかけは 林則徐 がアヘンの没収・焼却を強行したことでしたね。イギリスは自由貿易の実現をとなえて中国へ戦争を仕掛けました。

lecturer_avatar

アヘン戦争は中国の惨敗に終わり、講和条約である 南京条約 が締結されました。これまで中国の貿易を独占してきた 公行が廃止 され、イギリスへ 香港の割譲 が行われました。他にも広州を含む5港を開港するなど、中国は一方的な要求をのまされることになりました。

lecturer_avatar

南京条約締結の翌年には 治外法権 を認め 関税自主権 を失うなど、中国は完全にイギリスの貿易体制に組み込まれることになりました。また、同様の不平等条約をアメリカ・フランスとも結ぶことになりました。アメリカと結んだのが 望夏条約 、フランスと結んだのが 黄埔条約 でしたね。

答え
高校世界史 中国と朝鮮の植民地化1 練習 答え入り
アジア三角貿易とアヘン戦争
1
友達にシェアしよう!
Logo black
Register description
  • すべての授業の「要点まとめノート」「問題・解答」をPDF無料ダウンロードできる
  • 学校で使っている教科書にあわせて勉強できる
  • わからないところを質問できる

      会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

      この授業のポイント・問題を確認しよう

      中国と朝鮮の植民地化

      Logo black
      Register description

          会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

          Logo black
          Register description

              会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

              高校世界史B