高校世界史B
高校世界史B
5分で解ける!アメリカ合衆国の発展に関する問題

2
Movie size

5分で解ける!アメリカ合衆国の発展に関する問題

2

子どもの勉強から大人の学び直しまで
ハイクオリティーな授業が見放題

カンタン登録1分

この動画の問題と解説

練習
一緒に解いてみよう

下のカッコ内に入る語句を答えよう

高校世界史 19世紀の欧米諸国(2)露・米3 練習 括弧空欄

解説
これでわかる!

練習の解説授業

lecturer_avatar

今回はアメリカ合衆国の発展についての学習でした。
それでは、内容を確認していきましょう。

19世紀前半の大統領と合衆国の成長

lecturer_avatar

ポイント1では 19世紀前半の合衆国大統領 を3人紹介しました。
1人目のマディソン大統領は少し細かいので、名前よりも彼の在任中に起こったできごとをしっかり復習するようにしてください。

lecturer_avatar

2人目の第5代大統領 モンロー はテスト頻出です。彼は 米欧の相互不干渉 、つまり アメリカとヨーロッパは互いに口出しをしない という外交原則を表明しました。これを モンロー宣言(教書) といいます。モンロー宣言は、その後のアメリカ外交の基本姿勢となる 孤立主義 の原型となりました。

lecturer_avatar

3人目は、第7代大統領 ジャクソン です。彼は ジャクソニアン=デモクラシー と呼ばれる民主化改革を行いましたが、その対象は「白人」男性限定でした。女性・黒人・先住民は対象外で、むしろ 先住民に対しては過酷な政治が行われました。

lecturer_avatar

その最たる例が 先住民強制移住法 です。ジャクソンは先住民を強制的に西部においやり、空いた土地を白人に与えようと考えました。先住民の一部は特に過酷な移動を強いられ、その苦難の旅路は「 涙の道 」と呼ばれました。

領土を広げることは「神の思し召し」!?

lecturer_avatar

ポイント2では、アメリカ合衆国の 西部開拓 について勉強しました。
合衆国西部の、開拓済みの地域と未開拓地域との境界を フロンティア と呼びます。合衆国はこのフロンティアをどんどん西側へ広げる 西部開拓(西漸運動) を行いました。

lecturer_avatar

当時の合衆国では、西部開拓は 天命(=神からの思し召し) であるとみなし、自分たちの行為を正当化する考え方が生まれました。これを マニフェスト=ディスティニー(明白な天命) と呼びます。

lecturer_avatar

合衆国は19世紀を通して西部開拓を行いました。フランスからミシシッピ川以西の ルイジアナ を買収し、スペインから フロリダ を買収、さらにはメキシコからの独立を果たした テキサス を無理やり併合しました。

lecturer_avatar

1846年に始まった アメリカ=メキシコ戦争 では、メキシコを破り カリフォルニア を獲得しました。後にカリフォルニアでは 金鉱 が見つかり、一攫千金を求める人びとが西部へと殺到する事態となりました。これを ゴールド=ラッシュ といいます。

答え
高校世界史 19世紀の欧米諸国(2)露・米3 練習 答え入り
アメリカ合衆国の発展
2
友達にシェアしよう!
Logo black
Register description
  • すべての授業の「要点まとめノート」「問題・解答」をPDF無料ダウンロードできる
  • 学校で使っている教科書にあわせて勉強できる
  • わからないところを質問できる

      会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

      この授業のポイント・問題を確認しよう

      19世紀の欧米諸国(2) 露・米 

      Logo black
      Register description

          会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

          Logo black
          Register description

              会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

              高校世界史B