高校世界史B
高校世界史B
5分でわかる!クリミア戦争がその後のロシアを変えた!?

14
Movie size

5分でわかる!クリミア戦争がその後のロシアを変えた!?

14

子どもの勉強から大人の学び直しまで
ハイクオリティーな授業が見放題

カンタン登録1分

この動画の要点まとめ

ポイント

クリミア戦争がその後のロシアを変えた!?

高校世界史 19世紀欧米諸国(2)2 ポイント1 答え全部

これでわかる!

ポイントの解説授業

lecturer_avatar

19世紀の欧米諸国(2)、第2回。
今回は、「ロシアの近代化とバルカン進出」について学習します。

lecturer_avatar

ポイントの1つ目は、「クリミア戦争とロシアの近代化改革」です。
前回の授業では ロシアの南下政策 が失敗に終わった話をしました。1840年に開かれたロンドン会議の結果、ロシアは 両海峡の自由通行権を失ってしまったのです。 しかし、ロシアは南下政策をあきらめませんでした。

lecturer_avatar

今回は、そんなロシアが起こした クリミア戦争 と呼ばれる戦争と、その結果ロシアで起こったある「変化」に注目します。

クリミア戦争でオスマン帝国に大敗!

lecturer_avatar

南下政策を進めたいロシアは、1853年に オスマン帝国 との戦争を開始しました。これを クリミア戦争 といいます。

lecturer_avatar

戦争のきっかけとなったのは 聖地管理権の譲渡 です。オスマン帝国は、フランスのナポレオン3世の要求に応じて 聖地イェルサレムの管理権をフランスに譲渡しました。 ロシアはこれに反発し、オスマン帝国領内の ギリシア正教徒の保護 を口実に戦争を仕掛けたのです。

lecturer_avatar

結果はロシアの惨敗でした。オスマン帝国側に 英・仏・サルデーニャ がついたこともあり、ロシアはオスマン帝国に敗北したのです。

lecturer_avatar

1856年、講和条約として パリ条約 が締結されると、 黒海の中立化 が規定されました。つまり黒海はどこの国の領土にも属さず、ロシアが支配することももちろんできなくなってしまったのです。

「クリミア戦争」見出し+地図+テキスト

lecturer_avatar

こうして、ロシアの南下政策はまたもや失敗に終わってしまいました。

アレクサンドル2世、ロシアの近代化改革を進める

lecturer_avatar

クリミア戦争の大敗を受けて、ロシア皇帝 アレクサンドル2世 は思いました。 ロシアは遅れている、もっと国を強くする必要がある 、と。そこで彼は ロシアの近代化改革 に着手しました。

lecturer_avatar

1861年には 農奴解放令 を発布し、農奴に人格的自由を与えました。農奴とは、領主の土地を耕作して年貢などを納めていた人たちのことです。ただ、農奴たちに無償で土地が与えられたわけではありませんでした。土地の分与は 有償 だったのです。

lecturer_avatar

身分的には解放されたものの、農民の多くは土地を買うお金がありませんでした。そこで彼らは ミール と呼ばれる 農村共同体 をつくりました。地主からまとめて土地を買い、その代金を分担して支払ったのです。「みんなでお金を出し合う」という点では、現代でいうとシェアハウスのようなイメージです。

「アレクサンドル2世」見出し+イラスト+テキスト3行/クリミア戦争に~農村共同体)

ロシアからの独立を求め、ポーランドの反乱が発生

lecturer_avatar

アレクサンドル2世の近代化政策に刺激を受け、ロシアに支配されていた ポーランド では、1863年に独立を求める反乱が起きました。アレクサンドル2世はこれを鎮圧し、次第に 専制政治を強めていくことになりました。

image03の続き1行/ポーランド反乱

ナロードニキ(人民主義者)の登場

lecturer_avatar

皇帝が専制政治を強めていく中、新たな革命の担い手として ナロードニキ(人民主義者) が登場しました。ナロードニキは 独自の平等社会の実現を目指して活動を行いました。 その中心となったのは、都市の知識人階級( インテリゲンツィア )でした。

lecturer_avatar

改革を実現するために、彼らはロシア人口の多数を占める 農民 を巻き込もうと考え、「 ヴ=ナロード(人民の中へ) 」というスローガンを掲げて農村部に進出しました。

lecturer_avatar

しかし、知識人たちが考えた「独自の平等社会」の思想に、農民たちはあまり同調しませんでした。加えて政府からの弾圧もあり、彼らの活動は失敗に終わってしまいます。

lecturer_avatar

失望したナロードニキの一部は、次第に過激な行動をとるようになりました。なんと アレクサンドル2世を暗殺してしまったのです。 このように、ロシアでは暴力によって主張を通そうとする テロリズム(暴力主義) が横行するようになってしまいました。

image04の続き全部/ナロードニキ~

lecturer_avatar

以上、クリミア戦争とその後のロシアの変化についてのお話でした。クリミア戦争に敗北したロシアは近代化改革を行いましたが、テロリズムが横行するなど、国内が不安定な状態になってしまったのです。

Shinzato
この授業の先生

新里 将平 先生

「世界史を楽しく,わかりやすく教えたい!」をモットーにストーリー性のある授業展開で、歴史上の人物や国が当時何を考え、どう動いたかを感情を込めて伝える。

クリミア戦争がその後のロシアを変えた!?
14
友達にシェアしよう!
Logo black
Register description
  • すべての授業の「要点まとめノート」「問題・解答」をPDF無料ダウンロードできる
  • 学校で使っている教科書にあわせて勉強できる
  • わからないところを質問できる

      会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

      この授業のポイント・問題を確認しよう

      19世紀の欧米諸国(2) 露・米 

      Logo black
      Register description

          会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

          Logo black
          Register description

              会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

              高校世界史B