高校世界史B

高校世界史B
5分でわかる!中国皇帝のプライド?

0
Movie size

5分でわかる!中国皇帝のプライド?

0

子どもの勉強から大人の学び直しまで
ハイクオリティーな授業が見放題

カンタン登録1分

この動画の要点まとめ

ポイント

中国皇帝のプライド?

高校世界史 東アジア文明圏の形成2 答え全部

これでわかる!
ポイントの解説授業
lecturer_avatar

ポイントの3つ目は「高宗の統治」です。
今回は、唐の第3代皇帝 高宗 に注目します。

唐の最大領土を形成

lecturer_avatar

高宗は、積極的に領土の拡大を進め、 唐の最大領土を形成します。
また、中央アジアにいた 西突厥 を攻撃し、分裂に追いやりました。

lecturer_avatar

領土を拡大する中で、唐は異民族の勢力を破り、支配することになります。
統治下においた異民族に対し、高宗は ある政策 を実施しました。

羈縻政策を実施し、異民族を支配!

lecturer_avatar

高宗は、異民族統治の方法として 羈縻政策 (きびせいさく)を採用しました。
中国で暮らすさまざまな異民族を、羈縻政策でまとめようとしたのです。

lecturer_avatar

当時、唐の周辺では モンゴル系民族トルコ系民族 などが活動していました。
唐はそうした民族を倒し、支配下におきましたが、彼らを無理やり従わせるようなことはしませんでした。
各部族長に自治を与え、異民族の文化や宗教を容認した のです。
この政策を 羈縻政策 といいます。

異民族の監視のため、都護府を設置

lecturer_avatar

自治を認め、異民族の文化や宗教を容認する。
とても寛容な政策ですが、何でも好き勝手にやらせていいわけではありません。
例えば、反乱を起こそうとする動きがあれば、武力で鎮圧する必要があります。

lecturer_avatar

羈縻政策の実施と同時に、唐は 都護府 を設置しました。
都護府には官吏と軍隊が駐屯し、 異民族の自治を監督していました。
不審な動きがあれば、事前に注意する体制を整えていたのです。

lecturer_avatar

このようにして、唐は支配下に入った異民族の文化や宗教を尊重し、彼らに自治を与えたのでした。
唐が実施した羈縻政策は、優れた異民族統治方法として、歴代中国王朝に継承されていきます。

Shinzato

この授業の先生

新里 将平 先生

「世界史を楽しく,わかりやすく教えたい!」をモットーにストーリー性のある授業展開で、歴史上の人物や国が当時何を考え、どう動いたかを感情を込めて伝える。

中国皇帝のプライド?
0
友達にシェアしよう!
Logo black
Register description
  • すべての授業の「要点まとめノート」「問題・解答」をPDF無料ダウンロードできる
  • 学校で使っている教科書にあわせて勉強できる
  • わからないところを質問できる

      会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

      この授業のポイント・問題を確認しよう

      東アジア文明圏の形成(隋・唐)

      Logo black
      Register description

          会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

          Logo black
          Register description

              会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

              高校世界史B