高校生物基礎
高校生物基礎
5分で解ける!生物の多様性(テスト2、第2問)に関する問題

1
Movie size

5分で解ける!生物の多様性(テスト2、第2問)に関する問題

1

子どもの勉強から大人の学び直しまで
ハイクオリティーな授業が見放題

カンタン登録1分

この動画の問題と解説

問題
一緒に解いてみよう

高校 生物基礎 生物の多様性20 演習2 すべて空欄

解説
これでわかる!

問題の解説授業

降水量・気温・植生の3つが重要ポイント

高校 生物基礎 生物の多様性20 演習2 図と(1)

lecturer_avatar

アは、降水量が最も多く、気温が非常に高いのが特徴です。一年間雨がよく降る環境で育つ樹林は、多雨林といいました。アは、亜熱帯多雨林よりもさらに温度が高くなっているので、 熱帯多雨林 ですね。

lecturer_avatar

イは、降水量が1000mm以下で、熱帯・亜熱帯に分布しているバイオームです。降水量は少ないものの、砂漠になるほどではありません。答えは、草原のバイオームのひとつ サバンナ ですね。

lecturer_avatar

ウは、北海道などに生育する針葉樹林と、東日本から西日本にかけて分布する照葉樹林との間にあるバイオームです。 夏緑樹林 ですね。夏緑樹林は東北地方などで見られるバイオームで、その樹種は寒さが厳しい冬に葉を落とす落葉広葉樹林でした。

lecturer_avatar

エは、降水量が乏しく、年平均気温が-5℃を下回るような厳しい環境のバイオームです。あてはまるのは ツンドラ ですね。ツンドラには、土壌がなく、コケ植物や地衣類だけが生育できるのでした。

高校 生物基礎 生物の多様性20 演習2 図と(2)

lecturer_avatar

地衣類:エ つる植物:ア ミズナラ:ウ です。

lecturer_avatar

地衣類は、菌類とシアノバクテリアが共生する植物で、土壌がなくても生育できるのが特徴です。バイオームのうち、土壌がない エ:ツンドラ で主に生育します。

lecturer_avatar

樹木に巻き付くつる植物は、 ア:熱帯多雨林 にみられる草本です。うっそうとしたジャングルをイメージすればよいでしょう。

lecturer_avatar

ミズナラはブナと同じ落葉広葉樹です。落葉広葉樹は、夏緑樹林もしくは雨緑樹林にみられます。ミズナラは日本にみられる植物ですから、 ウ:夏緑樹林 に生育します。雨緑樹林は雨季と乾季がはっきり分かれた地域で見られるバイオームですね。

答え
高校 生物基礎 生物の多様性20 演習2 すべてうめる
Hoshino
この授業の先生

星野 賢哉 先生

高校時代に生物が苦手だった経験をいかし、苦手な生徒も興味をもてるように、生命現象を一つ一つ丁寧に紐解きながら、奥深さと面白さを解説する。

生物の多様性(テスト2、第2問)
1
友達にシェアしよう!
Logo black
Register description
  • すべての授業の「要点まとめノート」「問題・解答」をPDF無料ダウンロードできる
  • 学校で使っている教科書にあわせて勉強できる
  • わからないところを質問できる

      会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。