高校生物基礎

高校生物基礎
5分でわかる!世界のバイオーム

26

5分でわかる!世界のバイオーム

26
トライオンライントライオンライン

この動画の要点まとめ

ポイント

世界のバイオーム

高校 生物基礎 生物の多様性14 ポイント1

これでわかる!
ポイントの解説授業
lecturer_avatar

植生のバイオームを大別すると、荒原・草原・森林の3種類でしたね。今回はその中でも特に、 草原のバイオーム に注目して解説していきます

森林は形成できないが、草本は育つことができる

lecturer_avatar

まずは、草原のバイオームがどのような環境条件で形成されているのかということをグラフを用いて確認しましょう。

高校 生物基礎 生物の多様性14 ポイント1
lecturer_avatar

このグラフの中で草原となるのは、グラフの下側にある ステップサバンナ の2つになります。横軸の気温は、温帯から熱帯にかけて広がりますが、雨が少なく、縦軸の年間降水量は1000mmを下回っています。

lecturer_avatar

草原は、降雨が少ないため、森林形成に必要な条件は満たしていないものの、 草本は生育できる環境 においてみられるバイオームです。

lecturer_avatar

ではステップとサバンナの違いは何か、それぞれどのような植物が生育しているかを次から詳しくみていきましょう。

この授業の先生

星野 賢哉 先生

高校時代に生物が苦手だった経験をいかし、苦手な生徒も興味をもてるように、生命現象を一つ一つ丁寧に紐解きながら、奥深さと面白さを解説する。

トライオンライン
世界のバイオーム
26
友達にシェアしよう!
トライオンライン