高校生物基礎
高校生物基礎
5分でわかる!ステップ

0
Movie size

5分でわかる!ステップ

0

子どもの勉強から大人の学び直しまで
ハイクオリティーな授業が見放題

カンタン登録1分

この動画の要点まとめ

ポイント

ステップ

高校 生物基礎 生物の多様性14 ポイント2

これでわかる!

ポイントの解説授業

イネ科植物が育ち、低木は生育が難しい

lecturer_avatar

まずは、ステップについてみていきましょう。温帯地域の草原で、年間降水量が1000mm以下の草原をステップといいます。200mm以下の場合は砂漠になってしまうので気をつけてください。

lecturer_avatar

ステップの特徴は年間を通して降水量が少なく、イネ科植物(草本)は生育できるが、低木は生育できないというところです。

高校 生物基礎 生物の多様性14 ポイント2
lecturer_avatar

草原において、イネ科植物が占有種となるのは、生産構造図の授業で学びましたね。イネ科植物は、他の植物よりも非同化器官の割合が少なく、有機物を成長にまわして、スピーディーに生育できるのでした。

lecturer_avatar

ステップは、厳密には東アジアの温帯草原のことを指す言葉です。温帯草原の中でも、北アメリカの温帯草原はプレーリー南アメリカの温帯草原はパンパなど別の名称がついていることを覚えておきましょう。

Hoshino
この授業の先生

星野 賢哉 先生

高校時代に生物が苦手だった経験をいかし、苦手な生徒も興味をもてるように、生命現象を一つ一つ丁寧に紐解きながら、奥深さと面白さを解説する。

ステップ
0
友達にシェアしよう!
Logo black
Register description
  • すべての授業の「要点まとめノート」「問題・解答」をPDF無料ダウンロードできる
  • 学校で使っている教科書にあわせて勉強できる
  • わからないところを質問できる

      会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

      この授業のポイント・問題を確認しよう

      生物の多様性

      Logo black
      Register description

          会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

          バイオームとその分布

          Logo black
          Register description

              会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

              高校生物基礎