高校生物基礎

高校生物基礎
5分で解ける!肝臓の働き(1)に関する問題

4
Movie size

5分で解ける!肝臓の働き(1)に関する問題

4

子どもの勉強から大人の学び直しまで
ハイクオリティーな授業が見放題

カンタン登録1分

この動画の問題と解説

練習

一緒に解いてみよう

高校 生物基礎 体内環境の維持25 練習 カッコ空欄

解説

これでわかる!
練習の解説授業

血糖量の調整・タンパク質の合成と分解・尿素の合成

高校 生物基礎 体内環境の維持25 練習(1)

lecturer_avatar

小腸で食べ物から分解された グルコース は、毛細血管に吸収され肝門脈へと流れていき、肝臓に運ばれます。肝臓ではグルコース同士がいくつか結合して グリコーゲン として、体内に蓄えられるのでしたね。

高校 生物基礎 体内環境の維持25 練習(2)

lecturer_avatar

肉などを食べると、小腸で分解されたアミノ酸は肝門脈を通って肝臓に入ってきます。アミノ酸の量が多かった場合、肝臓でさらに アンモニア に分解されることがありましたね。

高校 生物基礎 体内環境の維持25 練習(3)

lecturer_avatar

アンモニア は人体にとって 有害 です。肝臓では、有毒のアンモニアを 無害尿素 につくりかえていましたね。

答え
高校 生物基礎 体内環境の維持25 答え
肝臓の働き(1)
4
友達にシェアしよう!
Logo black
Register description
  • すべての授業の「要点まとめノート」「問題・解答」をPDF無料ダウンロードできる
  • 学校で使っている教科書にあわせて勉強できる
  • わからないところを質問できる

      会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

      この授業のポイント・問題を確認しよう

      体内環境の維持

      Logo black
      Register description

          会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

          体液の循環と肝臓

          Logo black
          Register description

              会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

              高校生物基礎