高校物理

高校物理
5分でわかる!抵抗の直列接続

2
Movie size

5分でわかる!抵抗の直列接続

2

子どもの勉強から大人の学び直しまで
ハイクオリティーな授業が見放題

カンタン登録1分

この動画の要点まとめ

ポイント

抵抗の直列接続

高校物理 電磁気27 ポイント1 全部

これでわかる!
ポイントの解説授業
lecturer_avatar

今回は 抵抗の直列接続 について解説します。

直列接続は電流Iが一定

lecturer_avatar

起電力Vの電池に対し、次の図のように、抵抗値R1、R2の抵抗を直列接続します。

高校物理 電磁気27 ポイント1 左の図

lecturer_avatar

この2つの抵抗に流れる電流に注目してみましょう。R1の抵抗に流れる電流をI[A]とすると、この電流はそのまますべてR2の抵抗に向かいます。つまり、 抵抗を直列接続した場合、2つの抵抗に流れる電流Iが一定 となるのです。

1つの抵抗にまとめて考える

lecturer_avatar

次に2つの抵抗の電圧を考えます。2つの抵抗の電圧はそれぞれ異なり、R1にかかる電圧をV1、R2にかかる電圧をV2とします。直列につながれた2つの抵抗を1つの抵抗としてまとめて考えると、回路はどうなるでしょうか。

高校物理 電磁気27 ポイント1 2つの図

lecturer_avatar

電位差V、電流I、抵抗値Rの抵抗を接続した単純な回路になりました。このように、複数の抵抗を1つにまとめたときの抵抗値の大きさを 合成抵抗 と言います。

合成抵抗Rは抵抗の和R1+R2

lecturer_avatar

合成抵抗Rがどのように表されるか考えてみましょう。

高校物理 電磁気27 ポイント1 2つの図

lecturer_avatar

左右の回路を比較すると、 合成抵抗Rにかかる電圧V は、それぞれの抵抗にかかっている 電圧の和V1+V2 と等しいですね。
V=V1+V2
この電圧の式にオームの法則を使って、
RI=R1I+R2I
Iを消去すると、
R=R1+R2
合成抵抗Rはそれぞれの抵抗の和 だということが分かりましたね。

高校物理 電磁気27 ポイント1 クマさんのまとめ 空欄埋める

lecturer_avatar

この計算結果は、中学校の理科でも学習した覚えがあるかと思います。重要な内容なのでしっかりおさえておきましょう。

Suzuki

この授業の先生

鈴木 誠治 先生

知識ゼロからでもわかるようにと、イラストや図をふんだんに使い、難解な物理を徹底的にわかりやすく解きほぐして伝える。

抵抗の直列接続
2
友達にシェアしよう!
Logo black
Register description
  • すべての授業の「要点まとめノート」「問題・解答」をPDF無料ダウンロードできる
  • 学校で使っている教科書にあわせて勉強できる
  • わからないところを質問できる

      会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。