高校英語構文

高校英語構文
5分で解ける!和訳問題に関する問題

6
Movie size

5分で解ける!和訳問題に関する問題

6
春キャンペーン2019春キャンペーン2019

この動画の問題と解説

問題

一緒に解いてみよう

前置詞+名詞の眺め方3 冒頭(■問題、次の英文を~、These days,~)

解説

これでわかる!
問題の解説授業
lecturer_avatar

高校英語構文 第2章「前置詞+名詞の眺め方」第3回。
今回は確認テストです。
ここまで勉強してきた内容をふまえ、問題に挑戦してみよう!

英文①

①の英文のみ

lecturer_avatar

まずは動詞に注目。この英文の主語に対する動詞は is increasing 「増えている」。現在進行形になっているね。

lecturer_avatar

一方、この動詞に対する主語は何かというと the number of old people 「高齢者の数」。of(前置詞)+ old people(名詞)が前置詞+名詞のかたちになっていて、the number にかかっている。

lecturer_avatar

文頭の These days は「最近」という意味。ここまでの訳を合わせると「最近、高齢者の数が増えている」となるね。

lecturer_avatar

次に注目してほしいのが in many of the world's richer countries の部分。the world's richer countries で「世界の(より)裕福な国」。 in many of が頭に付いて「世界の裕福な国の 多くで 」という意味になる。

lecturer_avatar

カンマで区切られている in many of the world's richer countries は1つのカタマリとして捉えよう。そして、このカタマリは 動詞の is increasing にかかっている。 全体の訳はこちら。

英文①の構造と訳
①の英文書き込みアリ+和訳

英文②

②の英文のみ

lecturer_avatar

まず単語の意味を確認しよう。Moreover「さらに、そのうえ」、enough「十分な」、support「支える」。知らない単語があったら覚えておこうね。

lecturer_avatar

動詞に注目すると、この英文には There are のかたちが使われていることがわかる。いわゆる there構文 というやつだ。There are は「~がある、~がいる」という意味だよね。すぐ後ろに not enough young people とあるから「十分な若者がいない」と訳そう。

lecturer_avatar

people の後ろの to support old people は、詳しくはまた後の章で勉強するけど不定詞のカタマリになっている。直前の名詞 people にかかっているよ。

lecturer_avatar

以上を踏まえて、全体の訳はこちら。

英文②の構造と訳
②の英文書き込みアリ+和訳
lecturer_avatar

今回のポイントは前置詞+名詞の修飾パターン。前置詞+名詞をカタマリで捉えて、どこを修飾しているのかを判断しよう。

春キャンペーン2019
和訳問題
6
友達にシェアしよう!
春キャンペーン2019

前置詞+名詞の問題