中学公民

中学公民
5分でわかる!大企業と中小企業

17
Movie size

5分でわかる!大企業と中小企業

17

子どもの勉強から大人の学び直しまで
ハイクオリティーな授業が見放題

カンタン登録1分

この動画の要点まとめ

ポイント

大企業と中小企業 賃金にめぐまれているのはどっち?

中学公民31 ポイント1 答え入り

これでわかる!
ポイントの解説授業
lecturer_avatar

1つ目のポイントは、「大企業と中小企業」です。
今回は 企業の分類 について学習します。
様々な分類方法がありますが、今回注目するのは 大企業中小企業 という分類です。
こちらを見てください。

中学公民31 ポイント1 答え入り

lecturer_avatar

このグラフを使って、大企業と中小企業について説明します。
まずはグラフの見方について説明します。
一番左の列を見ると、上から順に 事業所数、従業員者数、出荷額 と書いてありますね。
これらの項目それぞれについて 大企業と中小企業が占める割合 を表したのがこのグラフです。

中小企業は事業所数が多いが、出荷額は半分程度

lecturer_avatar

まずは事業所数と出荷額のグラフに注目してください。
事業所数は99%を占めるものの、出荷額は半分にも満たない。
これが 中小企業 の特徴です。
一方大企業は 事業所数は少ないものの、出荷額は半分以上を占めています。

lecturer_avatar

大企業は1社あたりの規模が大きいため、事業所数が少なくても出荷額が大きくなります。
反対に中小企業は、1社あたりの規模は比較的小さく、事業所数は多いという特徴があるのです。
グラフの問題が出たら、これらの特徴をおさえて大企業と中小企業を選びましょう。

中小企業の定義 業種によって分類の仕方が異なる

lecturer_avatar

ここまで大企業と中小企業について話をしてきましたが、具体的に「中小企業」とはどんな企業を指すのでしょうか?
実は、大企業と中小企業は 業種によって分類の仕方が異なります。
例えば製造業の場合は 資本金3億円以下または従業員数300人以下の会社が「中小企業」にあたります。
大企業は資本金も従業員数も多いため、大企業と中小企業を比較すると、お給料は大企業の方が高い場合が多いです。

独自の技術やアイディアを持つ「ベンチャー企業」

lecturer_avatar

中小企業の中には ベンチャー企業 と呼ばれる企業があります。
ベンチャー企業は 独自の技術やアイディアを持つ、比較的新しくできた企業 です。
できたばかりなので従業員数は少なく、分類としては中小企業に含まれますが、
独自の技術やアイディアを発展させ、大きく成長する可能性を秘めています。

中学公民31 ポイント1 答え入り

lecturer_avatar

大企業と中小企業の比較、そしてベンチャー企業という言葉をしっかり覚えておきましょう。

Matsumoto

この授業の先生

松本 亘正 先生

歴史や地理を暗記科目ととらえず、感動と発見がふんだんに盛り込まれたストーリーで展開して魅了。 ときにクスリと笑わせる軽妙な語り口にも定評があり、「勉強ってこんなに楽しかったの!?」と心動かされる子供たちが多数。

大企業と中小企業
17
友達にシェアしよう!
Logo black
Register description
  • すべての授業の「要点まとめノート」「問題・解答」をPDF無料ダウンロードできる
  • 学校で使っている教科書にあわせて勉強できる
  • わからないところを質問できる

      会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

      この授業のポイント・問題を確認しよう

      生産と金融

      Logo black
      Register description

          会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

          Logo black
          Register description

              会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

              中学公民