中3理科

中3理科
5分で解ける!地球の自転と公転に関する問題

15

5分で解ける!地球の自転と公転に関する問題

15
難関大合格パーソナルプログラム難関大合格パーソナルプログラム

この動画の問題と解説

練習

一緒に解いてみよう

中3 地学5 練習2 答えなし

解説

これでわかる!
練習の解説授業
lecturer_avatar

練習は、地球の自転と昼・夜に関する問題です。
A~Dで地球の向きが変わっていますね。
これを時間が経過する順に並べ替えるわけです。

自転は、北極から見て反時計回り

中3 地学5 練習2 答えなし

lecturer_avatar

まずは、正午と真夜中を探しましょう。
昼を表しているのは、日本が太陽の方にあるものですね。
つまり、正午はDです。
真夜中を表しているのは、太陽と逆の向きにあるAです。
つづいて、日の出は真夜中の次にくるものですね。
自転の向きは、北極から見て反時計回りでした。
真夜中から反時計回りに回すと、日の出はCだとわかります。
最後に残ったBが日の入りですね。
つまり、答えは C⇒D⇒B⇒A となります。

答え
中3 地学5 練習2 答えあり
難関大合格パーソナルプログラム
地球の自転と公転
15
友達にシェアしよう!
難関大合格パーソナルプログラム

この授業のポイント・問題を確認しよう

地球と宇宙

      会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。
      ご利用のメールサービスで @try-it.jp からのメールの受信を許可して下さい。詳しくは
      こちらをご覧ください。

      天体の観測

      難関大合格パーソナルプログラム難関大合格パーソナルプログラム

      中3理科