中3理科

中3理科
5分で解ける!天球と星座早見に関する問題

10

5分で解ける!天球と星座早見に関する問題

10
オンラインLIVE夏期講習オンラインLIVE夏期講習

この動画の問題と解説

練習

一緒に解いてみよう

中3 地学4 練習2 答えなし

解説

これでわかる!
練習の解説授業
lecturer_avatar

練習2は星座早見に関する問題です。

星座早見と使うときには、位置と日時、方角を合わせる

中3 地学4 練習2 答えなし

lecturer_avatar

(1)は、自ら光り輝く星のことを何というか答える問題です。
このような星を 恒星 といいましたね。
また、恒星の明るさを 等級 といいます。
1等星・2等星・・・というように呼んでいきます。

lecturer_avatar

(2)は星座早見の使い方に関する問題です。
星座早見を使うときには、円盤を回して調整する必要がありました。
そのときに合わせなければならないのは、 日時と位置 でした。
さらに、方角も合わせる必要がありました。
このときに注意しなければならないことがありましたね。
星座早見は、自分の体の上に向けて使います。
その上で、見たい方角が星座早見の下にくるようにするのでしたね。
答えは、 です。

答え
中3 地学4 練習2 答えあり
オンラインLIVE夏期講習
天球と星座早見
10
友達にシェアしよう!
オンラインLIVE夏期講習

この授業のポイント・問題を確認しよう

地球と宇宙

      会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。
      ご利用のメールサービスで @try-it.jp からのメールの受信を許可して下さい。詳しくは
      こちらをご覧ください。

      天体の観測

      オンラインLIVE夏期講習オンラインLIVE夏期講習

      中3理科