中3理科
中3理科
5分でわかる!電解質の正体

37
Movie size

5分でわかる!電解質の正体

37

子どもの勉強から大人の学び直しまで
ハイクオリティーな授業が見放題

カンタン登録1分

この動画の要点まとめ

ポイント

電解質の正体

中3 化学3 ポイント2 答え入り

これでわかる!

ポイントの解説授業

電解質とは?

lecturer_avatar

今回のテーマは「電解質と非電解質」です。
まずはこちらを見てください。

中3 化学3 ポイント1 答え入り

lecturer_avatar

豆電球に電池をつなぐと、もちろん光ります。
ただ、左図のように導線をつながずに水の中へ入れると、豆電球は光りません。
電気が流れないからです。

lecturer_avatar

実は電気が流れるというのは、-の電気を帯びた電子が移動するということなのです。
電子は水の中を移動できないため、純粋な水は電気を通しません。
しかし、水の中に塩化ナトリウム(食塩)などを溶かすと、電気を流すようになるのです。
塩化ナトリウムのように、水の中に溶かすと電気を通すようになる物質電解質といいます。
水に溶かしても電気を通すようにならない物質は非電解質と呼ばれます。
電解質と非電解質について、もっと詳しく見ていきましょう。

中3 化学3 ポイント2 答え入り

電解質は、水に溶けるとイオンになる!

lecturer_avatar

電解質の例として、塩化ナトリウム(NaCℓ)を紹介しました。
NaCℓを水に溶かすと、水の中でNaCℓとに分かれます。
電気を帯びた状態である、イオンになるということですね。
電解質とは、水に溶けるとイオンになる物質ともいえるのです。

lecturer_avatar

そもそも、どうして純粋な水が電気を通さないかというと、プラスやマイナスの電気を伝えてくれる物質がないからなんです。
水に塩化ナトリウム(NaCℓ)のような電解質の物質を溶かすと、NaCℓに分かれます。
Na(ナトリウムイオン)とCℓ(塩化物イオン)が電気を運んでくれるため、電解質を水に溶かすと電気が通るようになるのです。

中3 化学3 ポイント2 答え入り

lecturer_avatar

電解質の正体は、水に溶けるとイオンになる物質です。
ちなみに、物質が水に溶け、陽イオンと陰イオンに分離することを電離といいます。
プラスやマイナスのイオンのおかげで、電気が通るようになるということをおさえておきましょう。

Itami
この授業の先生

伊丹 龍義 先生

教員歴15年以上。「イメージできる理科」に徹底的にこだわり、授業では、ユニークな実験やイラスト、例え話を多数駆使。

電解質の正体
37
友達にシェアしよう!
Logo black
Register description
  • すべての授業の「要点まとめノート」「問題・解答」をPDF無料ダウンロードできる
  • 学校で使っている教科書にあわせて勉強できる
  • わからないところを質問できる

      会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

      この授業のポイント・問題を確認しよう

      化学変化とイオン

      Logo black
      Register description

          会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

          原子とイオン

          Logo black
          Register description

              会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

              中3理科