中2理科
中2理科
5分でわかる!骨のつくりと役割

2
Movie size

5分でわかる!骨のつくりと役割

2

子どもの勉強から大人の学び直しまで
ハイクオリティーな授業が見放題

カンタン登録1分

この動画の要点まとめ

ポイント

骨のつくりと役割

中2 理科生物13 ポイント2 答え全部

これでわかる!

ポイントの解説授業

重要な骨は、頭がい骨・ろっ骨・背骨・かかと

lecturer_avatar

今回のテーマは「骨のつくりと役割」です。
まずは次の図を見てください。

中2 理科生物13 ポイント2 答え全部

lecturer_avatar

図はヒトの全身の骨格を表しています。
イラストの○で囲ったところは、骨と骨がつながった部分です。
この部分のことを 関節 といいます。

lecturer_avatar

ヒトの骨は体を支えたり、中のものを守ったりする役割があります。
ヒトの全身には、なんと、およそ200個もの骨があります。
その中でも代表的な4つを紹介します。
ただ名前を覚えるだけでなく、どこを支えているのかと何を守っているのかも合わせて覚えておきましょう。

lecturer_avatar

1つ目は 頭がい骨 です。
漢字の通り、頭にあります。
頭がい骨は、 脳を守っています

lecturer_avatar

2つ目は ろっ骨 です。
ろっ骨は胸にある骨で、あばら骨とも言います。
肺や心臓を守る という役割があります。
肋骨は他の骨と比べて変わった形をしています。
これは、動かす必要があるからです。
胸に手を当てながら息を大きく吸い、吐いてみましょう。
肺が膨らんだり縮んだりすることが分かりますか?
実は、それに合わせて、ろっ骨も動かしているのです。

lecturer_avatar

3つ目は 背骨 です。
体全体を支える という役割があります。

lecturer_avatar

4つ目は かかと です。
踵骨(しょうこつ)とも言います。
当然ですが、 全体重を支える という役割があります。

lecturer_avatar

以上、頭がい骨・ろっ骨・背骨・かかとの4つの重要な骨の名前とその役割について学習しました。

中2 理科生物13 ポイント2 答え全部

Itami
この授業の先生

伊丹 龍義 先生

教員歴15年以上。「イメージできる理科」に徹底的にこだわり、授業では、ユニークな実験やイラスト、例え話を多数駆使。

骨のつくりと役割
2
友達にシェアしよう!
Logo black
Register description
  • すべての授業の「要点まとめノート」「問題・解答」をPDF無料ダウンロードできる
  • 学校で使っている教科書にあわせて勉強できる
  • わからないところを質問できる

      会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

      この授業のポイント・問題を確認しよう

      動物の世界

      Logo black
      Register description

          会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

          感覚と神経、骨と筋肉

          Logo black
          Register description

              会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

              中2理科