中1理科
中1理科
5分でわかる!レンズと実像

9
Movie size

5分でわかる!レンズと実像

9

子どもの勉強から大人の学び直しまで
ハイクオリティーな授業が見放題

カンタン登録1分

この動画の要点まとめ

ポイント

レンズと実像

中1 理科物理5 ポイント2 答え全部

これでわかる!

ポイントの解説授業

lecturer_avatar

今回は、凸レンズによってできる像の作図について学習します。

3つの光が交わる点に実像ができる

lecturer_avatar

凸レンズが置いてありますね。
その焦点よりも外側に、火のついたろうそくを置きました。
ろうそくの光がレンズによってどのように曲げられるかを考えましょう。

中1 理科物理5 ポイント2 上半分 答え全部

lecturer_avatar

ろうそくの炎の先端からは、いろいろな方向に光が出ています。
その中でも、3つの光に注目しましょう。

lecturer_avatar

1本目は「レンズの軸に平行な光」です。
この光は焦点を通るように曲げられます。
2本目は「焦点を通る光」です。
この光はレンズの軸に平行になるように曲げられます。
1本目の逆でしたね。
3本目は「レンズの中心を通る光」です。
これは単純で、まっすぐに進むのでしたね。
この3本の光を描いてみると、1点で交わることが分かりますね。
実はその位置に紙を置くと、ろうそくの像が映るのです。
このようにしてできた像のことを 実像 といいます。
「光が実際に集まっている像」という意味ですね。
実は、映画の映写機やプロジェクターは、この原理を利用しています。

中1 理科物理5 ポイント2 上半分 答え全部

実像は、焦点の外側に物を置いたときにできる

lecturer_avatar

実像について、1つ注意して欲しい点があります。
実像はどのようなときでもできるわけではないのです。
たとえば、下の図のように焦点の内側にろうそくを置いてみましょう。

中1 理科物理5 ポイント2 下半分 答え全部

lecturer_avatar

このような場合、「レンズの軸に平行な光」と、「レンズの中心を通る光」が交わりません。
よって、この場合、像はできませんね。
実像は、 焦点の外側 に物体を置いたときにできるということを覚えましょう。

中1 理科物理5 ポイント2 下半分 答え全部

Itami
この授業の先生

伊丹 龍義 先生

教員歴15年以上。「イメージできる理科」に徹底的にこだわり、授業では、ユニークな実験やイラスト、例え話を多数駆使。

レンズと実像
9
友達にシェアしよう!
Logo black
Register description
  • すべての授業の「要点まとめノート」「問題・解答」をPDF無料ダウンロードできる
  • 学校で使っている教科書にあわせて勉強できる
  • わからないところを質問できる

      会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

      この授業のポイント・問題を確認しよう

      光・音・力

      Logo black
      Register description

          会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

          光の性質

          Logo black
          Register description

              会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

              中1理科