中1理科
中1理科
5分でわかる!水の状態変化と温度

12
Movie size

5分でわかる!水の状態変化と温度

12

子どもの勉強から大人の学び直しまで
ハイクオリティーな授業が見放題

カンタン登録1分

この動画の要点まとめ

ポイント

水の状態変化と温度

中1 理科化学18 ポイント1 答え全部

これでわかる!

ポイントの解説授業

lecturer_avatar

今回のテーマは、「水の状態変化と温度」です。

融解が起こる温度が融点、沸とうが起こる温度が沸点

lecturer_avatar

ビーカーの中の氷を、少しずつ加熱していくことを考えましょう。
このときの加熱時間と温度変化の関係を表したのが次のグラフです。

中1 理科化学18 ポイント1 答え全部

lecturer_avatar

縦軸は加熱時間を表しています。
横軸は温度変化ですね。
次に水の状態を表している曲線をチェックしていきましょう。
グラフを見ると、マイナス20℃くらいからスタートしていますね。
ここから0℃までは、順調に温度が上がっていきます。
しかし、2分ほど経過して0℃になるとどうでしょうか?
2分後~6分後までは、温度が上がっていませんね。
その後は14分後ぐらいまで、再び温度が上昇していきます。
しかし、100℃になると、また、温度が上がらなくなります。

中1 理科化学18 ポイント1 答え全部

lecturer_avatar

加熱しているのに温度が上昇していないときには、一体何が起きているのでしょうか?
実はこのとき、 加えられた熱がすべて、状態変化に使われている のです。
例えば、 0℃が続くときは、氷から水への状態変化 が起きています。
固体が液体になる状態変化を 融解 といいましたね。
さらに、融解が起こる温度のことを 融点 といいます。
融点においては、固体と液体の両方が存在しているわけです。

lecturer_avatar

次に、 100℃が続くときは、水から水蒸気への状態変化 が起きています。
つまり、 沸とう ですね。
沸とうが起きる温度のことを 沸点 といいます。
沸点では、液体と気体の両方が存在します。

中1 理科化学18 ポイント1 答え全部

Itami
この授業の先生

伊丹 龍義 先生

教員歴15年以上。「イメージできる理科」に徹底的にこだわり、授業では、ユニークな実験やイラスト、例え話を多数駆使。

水の状態変化と温度
12
友達にシェアしよう!
Logo black
Register description
  • すべての授業の「要点まとめノート」「問題・解答」をPDF無料ダウンロードできる
  • 学校で使っている教科書にあわせて勉強できる
  • わからないところを質問できる

      会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

      この授業のポイント・問題を確認しよう

      身のまわりの物質

      Logo black
      Register description

          会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

          物質の状態変化

          Logo black
          Register description

              会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

              中1理科