中1理科
中1理科
5分でわかる!有名な気体とその特徴

121
Movie size

5分でわかる!有名な気体とその特徴

121

子どもの勉強から大人の学び直しまで
ハイクオリティーな授業が見放題

カンタン登録1分

この動画の要点まとめ

ポイント

有名な気体とその特徴

中1 理科化学7 ポイント1 答え全部

これでわかる!

ポイントの解説授業

lecturer_avatar

今回のテーマは、「有名な気体とその特徴」です。

空気に多く含まれる気体は、1位 窒素、2位 酸素

lecturer_avatar

私たちのまわりには空気がありますね。
空気は実は、色々な種類の気体が混ざり合ったものです。
1種類ずつ確認していきましょう。
空気に一番多く含まれる気体は窒素 というものです。
なんと、窒素は空気の約80%は占めています。
次に多いのが酸素 で、20%ぐらい含まれています。
その他にもアルゴンや二酸化炭素といった気体がふくまれています。
まずは1位の窒素と2位の二酸化炭素を覚えましょう。

有名な気体は酸素、窒素、水素、二酸化炭素、アンモニア

中1 理科化学7 ポイント1 答え全部

lecturer_avatar

次に有名な気体を1つずつ確認していきましょう。
最初は 酸素 です。
酸素には 物が燃えるのを手伝う という性質があります。
ただし、酸素そのものは燃えないことにも注意しましょう。
次の気体は 窒素 です。
窒素は 空気に最も多く含まれる 気体です。
しかし、その他に大事な性質はありません。

lecturer_avatar

3番目は 水素 です。
水素には2つの特徴があります。
1つは 気体の中で最も軽い というものです。
もう1つは 爆発的に燃える という性質です。
4番目は 二酸化炭素 です。
二酸化炭素には 石灰水を白くにごらせる という性質があります。
また、二酸化炭素は有機物を燃やすことで発生します。
有機物とは、生き物系の物質でしたね。

lecturer_avatar

最後に紹介するのは アンモニア です。
これまでに出てきた気体は無色無臭でした。
それに対して、アンモニアは刺激臭のある気体です。
アンモニアの刺激臭は、トイレのつーんとするにおいのことですね。
また、アンモニアには、 水によく溶ける という性質もあります。

中1 理科化学7 ポイント1 答え全部

lecturer_avatar

有名な気体とその特徴を覚えましょう。

Itami
この授業の先生

伊丹 龍義 先生

教員歴15年以上。「イメージできる理科」に徹底的にこだわり、授業では、ユニークな実験やイラスト、例え話を多数駆使。

有名な気体とその特徴
121
友達にシェアしよう!
Logo black
Register description
  • すべての授業の「要点まとめノート」「問題・解答」をPDF無料ダウンロードできる
  • 学校で使っている教科書にあわせて勉強できる
  • わからないところを質問できる

      会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

      この授業のポイント・問題を確認しよう

      身のまわりの物質

      Logo black
      Register description

          会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

          気体の発生

          Logo black
          Register description

              会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

              中1理科