高校生物

高校生物
5分でわかる!精子の構造

10
Movie size

5分でわかる!精子の構造

10

子どもの勉強から大人の学び直しまで
ハイクオリティーな授業が見放題

カンタン登録1分

この動画の要点まとめ

ポイント

精子の構造

高校 生物 生殖9 ポイント3 すべてうめる

これでわかる!
ポイントの解説授業
lecturer_avatar

精子の構造について見ていきましょう。

精子は頭部・中片・尾部に分けられる

lecturer_avatar

精子は、精細胞から変態を経て作られた配偶子です。
次の図を見てください。
これは精子の模式図です。

高校 生物 生殖9 ポイント3 図・すべてあける
lecturer_avatar

精子は3つの領域に分けられます。
頭部中片尾部です。
順番に見ていきましょう。

頭部⇒精核と先体

lecturer_avatar

頭部は、さらに精核先体に分けられます。

lecturer_avatar

精核はDNAが入っている部分です。
精核は、精細胞だったときに核だった部分です。

lecturer_avatar

それに対して、先体には酵素などのタンパク質が入っており、受精のときにタンパク質を放出して卵とうまく接合する働きをしています。
先体は、精細胞だったときにゴルジ体だった部分です。

lecturer_avatar

それぞれ、DNAを含んでいる、タンパク質を分泌するなど、核やゴルジ体の性質と似ていますね。

高校 生物 生殖9 ポイント3 図・精核(元々は核)・先体(元々はゴルジ体)うめる

尾部⇒微小管

lecturer_avatar

尾部は、精子が泳ぐために必要な部分です。
尾部は細胞膜でおおわれているため、そんなに丈夫な作りではありません。
しかし、尾部の中には微小管が入っています。
精子は、微小管を動かすことによって、運動ができるのです。

高校 生物 生殖9 ポイント3 図・ミトコンドリアと中心体以外うめる

中片⇒中心体とミトコンドリア

lecturer_avatar

精子が泳ぐために微小管を動かすには、起点となる部分が必要です。
微小管が形成されるときの起点となっているのが、中片に含まれる中心体です。

lecturer_avatar

また、微小管を動かすにはエネルギーも必要になります。
微小管を動かすためのエネルギーを産生しているのが、中片にあるミトコンドリアです。
ミトコンドリアで合成されるATPによって精子は運動をしているのですね。

高校 生物 生殖9 ポイント3 図・すべてうめる
lecturer_avatar

精子の構造を、3つの領域ごとの特徴に注目しながらおさえましょう。

高校 生物 生殖9 ポイント3 すべてうめる
Hoshino

この授業の先生

星野 賢哉 先生

高校時代に生物が苦手だった経験をいかし、苦手な生徒も興味をもてるように、生命現象を一つ一つ丁寧に紐解きながら、奥深さと面白さを解説する。

精子の構造
10
友達にシェアしよう!
Logo black
Register description
  • すべての授業の「要点まとめノート」「問題・解答」をPDF無料ダウンロードできる
  • 学校で使っている教科書にあわせて勉強できる
  • わからないところを質問できる

      会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。
      ご利用のメールサービスで @try-it.jp からのメールの受信を許可して下さい。詳しくは
      こちらをご覧ください。

      この授業のポイント・問題を確認しよう

      生殖

      Logo black
      Register description

          会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。
          ご利用のメールサービスで @try-it.jp からのメールの受信を許可して下さい。詳しくは
          こちらをご覧ください。

          生殖

          Logo black
          Register description

              会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。
              ご利用のメールサービスで @try-it.jp からのメールの受信を許可して下さい。詳しくは
              こちらをご覧ください。

              高校生物