高校生物

高校生物
5分でわかる!ラクトースオペロン

2
Movie size

5分でわかる!ラクトースオペロン

2

子どもの勉強から大人の学び直しまで
ハイクオリティーな授業が見放題

カンタン登録1分

この動画の要点まとめ

ポイント

ラクトースオペロン

高校 生物 遺伝14 ポイント2

これでわかる!
ポイントの解説授業
lecturer_avatar

原核生物遺伝子発現調節について見ていきましょう。
今回はオペロン説のうち、ラクトースオペロンに注目します。

グルコース摂取⇒ラクトース分解酵素遺伝子が停止

lecturer_avatar

原核生物のもつラクトースオペロンは、どのような遺伝子発現調節を行うのでしょうか。
次の図を見てください。
これは、大腸菌DNAです。

高校 生物 遺伝14 ポイント2 「大腸菌DNA」から右の部分の図・RNAポリメラーゼも含む:矢印などは除く
lecturer_avatar

大腸菌のDNAが、図の上部に横に伸びた形で描かれています。
大腸菌DNAの一番右には、ラクトース分解酵素遺伝子がありますね。

lecturer_avatar

大腸菌は主にグルコースを食べています。
大腸菌は、まわりにラクトースがあったとしても、グルコースがある環境ではグルコースを優先して摂取するのです。
そのため、大腸菌は通常、ラクトース分解酵素遺伝子の発現を停止しています
どのように、ラクトース分解酵素遺伝子の発現を止めているのでしょうか?

高校 生物 遺伝14 ポイント2 「大腸菌DNA」から右の部分の図(RNAポリメラーゼを含む、矢印などは除く)
lecturer_avatar

DNAの転写を行う酵素は、RNAポリメラーゼでしたね。
また、RNAポリメラーゼがDNAに結合するための足場となるような領域がプロモーターです。
大腸菌DNAのラクトース分解酵素遺伝子が発現するためには、プロモーターへ結合したRNAポリメラーゼがラクトース分解酵素遺伝子へ移動する必要があるということです。

lecturer_avatar

大腸菌はグルコースを摂取している間、RNAポリメラーゼがラクトース分解酵素遺伝子へ到達できないようにしています。
その仕組みについて見ていきましょう。

高校 生物 遺伝14 ポイント2 図・image02に「左端の部分(mRNAやリプレッサーなど、①の矢印」を追加
lecturer_avatar

図では、大腸菌DNAの一番左に調節遺伝子がありますね。
調節遺伝子では、転写翻訳によってリプレッサーというタンパク質が合成されています。
リプレッサーは、大腸菌DNAのオペレーターという領域に結合します。

lecturer_avatar

リプレッサーがオペレーターに結合するとどうなるのでしょうか。
実は、RNAポリメラーゼがプロモーターへ結合するのを妨げるのです。
このため、ラクトース分解酵素遺伝子の発現が停止されます。

ラクトース摂取⇒ラクトース分解酵素遺伝子が発現

lecturer_avatar

大腸菌は主にグルコースを食べていました。
しかし、大腸菌のまわりにグルコースがなくなると、大腸菌はラクトースを摂取するようになります。

lecturer_avatar

大腸菌がラクトースを摂取する状況では、ラクトース分解酵素遺伝子が発現します
普段は停止しているラクトース分解酵素遺伝子を、どのように発現させるのでしょうか?

高校 生物 遺伝14 ポイント2 図・image02に「左端の部分(mRNAやリプレッサーなど、②の矢印とラクトースと×」を追加
lecturer_avatar

大腸菌DNAでは、調節遺伝子からリプレッサーというタンパク質が合成されていましたね。
大腸菌が取り込んだラクトースはまず、リプレッサーと結合して複合体を作ります

lecturer_avatar

通常、リプレッサーはオペレーターへ結合し、RNAポリメラーゼがラクトース分解酵素遺伝子へ到達するのを妨げていました。
そのため、ラクトース分解酵素遺伝子は発現することができませんでしたね。
しかし、リプレッサーがラクトースと複合体を作ると、オペレーターへ結合できなくなるのです。

lecturer_avatar

リプレッサーがラクトースと複合体を作ることで、プロモーターへ結合したRNAポリメラーゼはラクトース分解酵素遺伝子へ移動することができるようになります。
すると、ラクトース分解酵素遺伝子が発現し、ラクトース分解酵素が作られるのです。

lecturer_avatar

ラクトース分解酵素が作られると、大腸菌が摂取したラクトースが分解されてグルコースを得ることができるようになります。
こうして大腸菌は、グルコースがない状況下でも生きることができるのです。

lecturer_avatar

ラクトースオペロンは、普段は停止しているラクトース分解酵素遺伝子を、状況に応じて発現させているのですね。

高校 生物 遺伝14 ポイント2
Hoshino

この授業の先生

星野 賢哉 先生

高校時代に生物が苦手だった経験をいかし、苦手な生徒も興味をもてるように、生命現象を一つ一つ丁寧に紐解きながら、奥深さと面白さを解説する。

ラクトースオペロン
2
友達にシェアしよう!
Logo black
Register description
  • すべての授業の「要点まとめノート」「問題・解答」をPDF無料ダウンロードできる
  • 学校で使っている教科書にあわせて勉強できる
  • わからないところを質問できる

      会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

      この授業のポイント・問題を確認しよう

      遺伝

      Logo black
      Register description

          会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

          遺伝子発現調節

          Logo black
          Register description

              会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

              高校生物