高校生物

高校生物
5分でわかる!オペロン説

139

5分でわかる!オペロン説

139
学年別フルラインナップキャンペーン学年別フルラインナップキャンペーン

この動画の要点まとめ

ポイント

オペロン説

高校 生物 遺伝14 ポイント1 すべてうめる

これでわかる!
ポイントの解説授業
lecturer_avatar

今回は、原核生物遺伝子発現調節について見ていきます。

真核生物の遺伝子発現調節の仕組み

lecturer_avatar

遺伝子発現調節とは、どのような遺伝子がどれくらい発現されるかを調節するシステムです。
真核生物の遺伝子発現調節について、思い出してみましょう。
次の図を見てください。

高校 生物 遺伝14 ポイント1 図
lecturer_avatar

DNA上の転写領域が、RNAポリメラーゼによって転写されます。
RNAポリメラーゼは、基本転写因子によってプロモーターへ結合することがです。

lecturer_avatar

RNAポリメラーゼによる転写領域の転写量は、アクチベーターリプレッサーといったタンパク質によって調節されます。
このようなタンパク質を転写調節因子といい、DNAの調節遺伝子で合成されました。

オペロン説⇒原核生物の遺伝子発現調節に関する学説

lecturer_avatar

原核生物の遺伝子発現調節の仕組みについて、ジャコブモノーという2人の学者が研究しました。
この二人が提唱した学説を、オペロン説といいます。
オペロンとは、互いの機能が深く関連しており、まとめて発現する遺伝子群のことを指します。

lecturer_avatar

ジャコブとモノーは、主にラクトースオペロントリプトファンオペロンについて研究しました。
これはどちらも、原核生物の大腸菌がもつ遺伝子について研究したものです。

高校 生物 遺伝14 ポイント1 すべてうめる

この授業の先生

星野 賢哉 先生

高校時代に生物が苦手だった経験をいかし、苦手な生徒も興味をもてるように、生命現象を一つ一つ丁寧に紐解きながら、奥深さと面白さを解説する。

学年別フルラインナップキャンペーン
オペロン説
139
友達にシェアしよう!
学年別フルラインナップキャンペーン