高校生物

高校生物
5分でわかる!真核生物の遺伝子発現調節

1
Movie size

5分でわかる!真核生物の遺伝子発現調節

1
春キャンペーン2019春キャンペーン2019

この動画の要点まとめ

ポイント

真核生物の遺伝子発現調節

高校 生物 遺伝12 ポイント1 すべてうめる

これでわかる!
ポイントの解説授業
lecturer_avatar

今回は、真核生物遺伝子発現調節について見ていきます。

細胞は遺伝子発現の種類や量を調節している

lecturer_avatar

次の図を見てください。
これはヌクレオソームです。

高校 生物 遺伝12 ポイント1 図
lecturer_avatar

ヌクレオソームは、ヒストンというタンパク質にDNAが巻き付いた構造をしています。
ヌクレオソームはさらに凝集することで、クロマチン繊維染色体となっていきましたね。
また、図のヌクレオソームをはじめ核の中に収められている遺伝情報をまとめて、ゲノムといいます。

高校 生物 遺伝12 ポイント1 図
lecturer_avatar

真核生物は、核内での転写と核外での翻訳を経て遺伝情報を伝達し、タンパク質を合成します。
このタンパク質によって、生体内の様々な反応が起こっています。

lecturer_avatar

しかし、すべての遺伝子が発現するわけではないのです。
発生の段階や体内環境に応じて様々なタンパク質が合成されることによって、生理機能が維持されているわけです。
つまり、細胞は、遺伝子発現の種類や量を調節しているということができます。

高校 生物 遺伝12 ポイント1 すべてうめる
Hoshino

この授業の先生

星野 賢哉 先生

高校時代に生物が苦手だった経験をいかし、苦手な生徒も興味をもてるように、生命現象を一つ一つ丁寧に紐解きながら、奥深さと面白さを解説する。

春キャンペーン2019
真核生物の遺伝子発現調節
1
友達にシェアしよう!
春キャンペーン2019