高校生物

高校生物
5分で解ける!遺伝(テスト2、第1問)に関する問題

1
Movie size

5分で解ける!遺伝(テスト2、第1問)に関する問題

1

子どもの勉強から大人の学び直しまで
ハイクオリティーな授業が見放題

カンタン登録1分

この動画の問題と解説

問題

一緒に解いてみよう
演習1

高校 生物 遺伝16 演習1 すべて空ける

解説

これでわかる!
問題の解説授業

分化⇒細胞が特定の形や働きをもつようになること

高校 生物 遺伝16 演習1 演習1①
lecturer_avatar

細胞のもつDNAには様々な遺伝子が入っていました。
細胞に様々な影響が与えられると、遺伝子の特定の部分が発現します。
最終的に、遺伝子の遺伝情報に基づいたタンパク質が合成されるのです。
このことを、遺伝子発現調節といいましたね。

lecturer_avatar

細胞ごとに合成されるタンパク質は異なります。
そのため、すべての細胞は様々な形態や働きを発揮するのです。
このことを、生物の専門用語で分化といいます。
よって答えは、です。

ヌクレオソームはアセチル化されると緩んだ状態に

高校 生物 遺伝16 演習1 演習1②
lecturer_avatar

ヌクレオソームは、核内のDNAがヒストンというタンパク質と結合したものです。
核内のヌクレオソームは、すべてが同じ構造をしているわけではありません。
ヌクレオソームのDNAがほどけて緩んだ状態になっている部分や、ヌクレオソームが密に凝集している部分が見られます。

lecturer_avatar

ヌクレオソームの構造が緩んだ状態である部分では、ヒストンにアセチル基がついています。
つまり、アセチル化されているということです。
よって答えは、×です。

lecturer_avatar

ちなみに、ヌクレオソームのヒストンにメチル基がつくと、ヌクレオソームが凝集します。
このような変化をメチル化といい、転写が行われなくなります。

転写に欠かせない基本転写因子

高校 生物 遺伝16 演習1 演習1③
lecturer_avatar

DNAのもつ遺伝情報をRNAを合成して伝達することを転写といいました。
転写は、RNAポリメラーゼがDNAのプロモーターへ結合することで始まります。

lecturer_avatar

RNAポリメラーゼは単純にプロモーターへ結合できるわけではありません。
RNAポリメラーゼがプロモーターへ結合するための足場となるような因子が必要です。
そのような因子を、基本転写因子といいます。
よって答えは、×です。

lecturer_avatar

転写調節因子は、DNAの調節遺伝子で合成されるタンパク質です。
転写調節因子はRNAポリメラーゼへ作用し、転写を促進したり抑制したりします。
アクチベーターやリプレッサーといった種類がありましたね。

高校 生物 遺伝16 演習1 すべてうめる
遺伝(テスト2、第1問)
1
友達にシェアしよう!
Logo black
Register description
  • すべての授業の「要点まとめノート」「問題・解答」をPDF無料ダウンロードできる
  • 学校で使っている教科書にあわせて勉強できる
  • わからないところを質問できる

      会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

      遺伝子発現調節の問題

      この授業のポイント・問題を確認しよう

      遺伝

      Logo black
      Register description

          会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

          遺伝子発現調節

          Logo black
          Register description

              会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

              高校生物