高校生物

高校生物
5分でわかる!乳酸発酵

42

5分でわかる!乳酸発酵

42
オンラインLIVE夏期講習オンラインLIVE夏期講習

この動画の要点まとめ

ポイント

乳酸発酵

高校 生物 代謝16 ポイント3 すべてうめる

これでわかる!
ポイントの解説授業
lecturer_avatar

微生物が、酸素を使うことなく有機物を分解してエネルギーを合成する代謝を、発酵といいました。
前回は、最終的にアルコールが生成する、アルコール発酵について学習しましたね。
今回は、別の発酵を紹介していきます。

乳酸発酵の過程は解糖と同じ

lecturer_avatar

今回紹介する乳酸発酵は、チーズやバターを作るときに行われている発酵です。
乳酸発酵を行う微生物を、乳酸菌といいます。

lecturer_avatar

乳酸発酵では、どのように反応が進められるのでしょうか?
次の図を見てください。
これは、乳酸発酵の流れを表しています。

高校 生物 代謝16 ポイント3 図のみ
lecturer_avatar

乳酸菌がグルコースを取り込むことで、乳酸発酵は始まります。
まず、1つのグルコースから2つのピルビン酸が生成します。

lecturer_avatar

このときに水素が取られ、2つのNADH + H+が生成することが特徴です。
また、ATPも合成されます。
この反応は、呼吸の1番目の反応である解糖系と同じですね。

lecturer_avatar

そして、生成した水素はピルビン酸に戻され、最終的に乳酸を生成します。
アルコール発酵と同様に、最終的にできるのが乳酸なので、乳酸発酵と呼ばれます。

lecturer_avatar

乳酸発酵の一連の反応を見て、何か思い出しませんか?
この反応は、ヒトの筋肉などで行われている解糖と全く同じなのです。

高校 生物 代謝16 ポイント3 すべてうめる

この授業の先生

星野 賢哉 先生

高校時代に生物が苦手だった経験をいかし、苦手な生徒も興味をもてるように、生命現象を一つ一つ丁寧に紐解きながら、奥深さと面白さを解説する。

オンラインLIVE夏期講習
乳酸発酵
42
友達にシェアしよう!
オンラインLIVE夏期講習