高校世界史B

高校世界史B
5分でわかる!ソ連の「新思考外交」

2
Movie size

5分でわかる!ソ連の「新思考外交」

2

子どもの勉強から大人の学び直しまで
ハイクオリティーな授業が見放題

カンタン登録1分

この動画の要点まとめ

ポイント

ソ連の「新思考外交」

高校世界史 経済危機と冷戦の終結2 ポイント1 答え全部

これでわかる!
ポイントの解説授業
lecturer_avatar

経済危機と冷戦の終結、第2回。
今回は「ソ連の動向と冷戦の終結」について学習します。

lecturer_avatar

ポイントの1つ目は「新思考外交」です。
ソ連が20世紀末に展開した、新たな外交方針に注目します。

ゴルバチョフによる「ペレストロイカ」

lecturer_avatar

今回はゴルバチョフ書記長に注目するのですが、その前にソ連の指導者をおさらいしましょう。これまでの授業ではスターリン、フルシチョフ、ブレジネフを順に紹介してきましたね。ちなみにブレジネフの時代には米ソ関係が悪化し、冷戦対立が激しさを増しました。

lecturer_avatar

1982年にブレジネフが死ぬと、アンドロポフ、チェルネンコという指導者を経て、1985年にゴルバチョフが書記長に就任しました。ゴルバチョフはペレストロイカと呼ばれる、ソ連の自由化・民主化を目指す改革に着手しました。

「ゴルバチョフ」見出し+写真+テキスト1行のみ/~(改革)

原発事故をきっかけに「情報公開」へ

lecturer_avatar

1986年、現在のウクライナにあたる場所でチェルノブイリ原子力発電所事故が発生しました。原子炉が融解し、大量の放射性物質が飛び散ったこの事故は「史上最悪の原発事故」と呼ばれています。

lecturer_avatar

なんとこの事故は発生直後は公表されず、国民はもちろんゴルバチョフのもとにも、すぐには情報が届きませんでした。結果的に対策は後手に回り、被害も拡大。ソ連は国内外から強い非難を浴びることになりました。

lecturer_avatar

ゴルバチョフは情報公開の必要性を痛感し、ペレストロイカ(改革)の重要な柱としてグラスノスチ(情報公開)の方針を掲げました。これまでは政府の機密事項とされていた情報も、一般の人々に公開されるようになったのです。

テキストのみ3行/チェルノブイリ~(情報公開)

「新思考外交」

lecturer_avatar

ゴルバチョフの改革は、国内のみならず外交政策にも及びました。彼は「新思考外交」と呼ばれる外交を展開し、アメリカも含む世界中の国々との共存を目指したのです。

lecturer_avatar

ソ連は、1987年にアメリカとの間で 中距離核戦力(INF)全廃条約 を調印。1989年にはアフガニスタンからの撤退を完了させました。

lecturer_avatar

また、フルシチョフの時代から対立を深めていた中国との関係を修復し中ソ国交正常化にも成功しました。

テキストのみ4行/「新思考外交」~中ソ国交正常化

lecturer_avatar

ゴルバチョフの時代、ソ連はアメリカをはじめとする西側諸国や、中国などへ歩み寄る姿勢を見せたことをおさえておきましょう。

Shinzato

この授業の先生

新里 将平 先生

「世界史を楽しく,わかりやすく教えたい!」をモットーにストーリー性のある授業展開で、歴史上の人物や国が当時何を考え、どう動いたかを感情を込めて伝える。

ソ連の「新思考外交」
2
友達にシェアしよう!
Logo black
Register description
  • すべての授業の「要点まとめノート」「問題・解答」をPDF無料ダウンロードできる
  • 学校で使っている教科書にあわせて勉強できる
  • わからないところを質問できる

      会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

      この授業のポイント・問題を確認しよう

      経済危機と冷戦の終結

      Logo black
      Register description

          会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

          Logo black
          Register description

              会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

              高校世界史B