高校世界史B

高校世界史B
5分でわかる!第一次世界大戦の引き金をひいたある事件!

9
Movie size

5分でわかる!第一次世界大戦の引き金をひいたある事件!

9

子どもの勉強から大人の学び直しまで
ハイクオリティーな授業が見放題

カンタン登録1分

この動画の要点まとめ

ポイント

第一次世界大戦の引き金をひいたある事件!

第一次世界大戦とロシア革命2 ポイント1 答え全部

これでわかる!
ポイントの解説授業
lecturer_avatar

第一次世界大戦とロシア革命、第2回。
今回は「第一次世界大戦の勃発」について学習します。

lecturer_avatar

ポイントの1つ目は「サライェヴォ事件と大戦の勃発」です。
この授業ではいよいよ 第一次世界大戦が始まる様子 を見ていきます。

サライェヴォ事件

lecturer_avatar

1914年6月28日。オーストリアの皇位継承者フランツ=フェルディナント夫妻は、陸軍の軍事演習を視察するため、ボスニアの州都 サライェヴォ を訪れていました。

lecturer_avatar

前回の授業で、オーストリアがオスマン帝国の混乱に乗じ ボスニア・ヘルツェゴヴィナ併合を強行した ことをお話しましたね。そんなボスニアの州都サライェヴォに、オーストリアの皇位継承者夫妻がやってきたわけです。

lecturer_avatar

サライェヴォの視察中、夫妻はなんと セルビアの青年が放った銃弾で殺害されてしまいました。 これを サライェヴォ事件 といいます。

「サライェヴォ事件」見出し+イラスト+テキスト2行/~セルビア青年が暗殺

オーストリアが宣戦布告!第一次世界大戦へ…

lecturer_avatar

オーストリアはセルビア政府を非難し、無茶な要求を突きつけるなどプレッシャーをかけました。これにセルビアが抵抗を見せたため、1914年7月28日、ついに オーストリアはセルビアに宣戦布告しました。

lecturer_avatar

これを受けて、セルビアと同じスラヴ人国家である ロシア がセルビア支援に動き出しました。その一方では、オーストリアの支援を掲げて ドイツ が参戦することになりました。

02の続き3行/オーストリアの~ドイツの参戦

lecturer_avatar

このように、列強諸国は同盟・協商関係に従って次々に参戦を表明しました。

lecturer_avatar

参戦国は、ロシア・イギリス・フランスの 協商国(=連合国) 側と、ドイツ・オーストリアの 同盟国 側とに分かれて戦うことになりました。

Shinzato

この授業の先生

新里 将平 先生

「世界史を楽しく,わかりやすく教えたい!」をモットーにストーリー性のある授業展開で、歴史上の人物や国が当時何を考え、どう動いたかを感情を込めて伝える。

第一次世界大戦の引き金をひいたある事件!
9
友達にシェアしよう!
Logo black
Register description
  • すべての授業の「要点まとめノート」「問題・解答」をPDF無料ダウンロードできる
  • 学校で使っている教科書にあわせて勉強できる
  • わからないところを質問できる

      会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

      この授業のポイント・問題を確認しよう

      第一次世界大戦とロシア革命

      Logo black
      Register description

          会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

          Logo black
          Register description

              会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

              高校世界史B