高校世界史B

高校世界史B
5分で解ける!西アジアの民族運動に関する問題

1
Movie size

5分で解ける!西アジアの民族運動に関する問題

1

子どもの勉強から大人の学び直しまで
ハイクオリティーな授業が見放題

カンタン登録1分

この動画の問題と解説

練習

一緒に解いてみよう
下のカッコ内に入る語句を答えよう

帝国主義とアジアの民族運動3 練習 括弧空欄

解説

これでわかる!
練習の解説授業
lecturer_avatar

今回は西アジアの民族運動について学習しました。
内容を確認していきましょう。

オスマン帝国では立憲運動が再発!?

lecturer_avatar

オスマン帝国では、憲法復活を目指す「 青年トルコ人 」が結成されました。その中心となった組織は「 統一と進歩団 」でした。

lecturer_avatar

日露戦争の影響もあり、1908年には 青年トルコ革命 が発生しました。「青年トルコ人」は政府にせまって ミドハト憲法 を復活させ、皇帝 アブデュル=ハミト2世 を退位に追い込みました。

イランの立憲運動の行方

lecturer_avatar

19世紀の思想家 アフガーニー は、イスラーム教徒の団結と欧米諸国への抵抗を訴える パン=イスラーム主義 を提唱しました。

lecturer_avatar

彼の思想に影響を受け、1891年には タバコ=ボイコット運動 が起こりました。

lecturer_avatar

1905年には、日露戦争の影響もあって イラン立憲革命 が起こりました。イギリス・ロシアの侵略やこれに従属する政府に民衆が反発したのです。

lecturer_avatar

イラン立憲革命の中で仮憲法が制定され、立憲運動は順調に進んでいくかに思われました。しかし1907年の 英露協商 によって、イランの北部はロシアに、南部はイギリスに支配されました。

lecturer_avatar

イギリス・ロシアはイランに干渉し、立憲革命は挫折してしまいました。

答え
帝国主義とアジアの民族運動3 練習 答え
西アジアの民族運動
1
友達にシェアしよう!
Logo black
Register description
  • すべての授業の「要点まとめノート」「問題・解答」をPDF無料ダウンロードできる
  • 学校で使っている教科書にあわせて勉強できる
  • わからないところを質問できる

      会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

      帝国主義とアジアの民族運動の練習

      この授業のポイント・問題を確認しよう

      帝国主義とアジアの民族運動

      Logo black
      Register description

          会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

          Logo black
          Register description

              会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

              高校世界史B