高校世界史B

高校世界史B
5分で解ける!帝国主義と東アジア(第3問)に関する問題

1
Movie size

5分で解ける!帝国主義と東アジア(第3問)に関する問題

1

子どもの勉強から大人の学び直しまで
ハイクオリティーな授業が見放題

カンタン登録1分

この動画の問題と解説

問題

一緒に解いてみよう
帝国主義と東アジア/確認テスト(第3問)

帝国主義と東アジア6 確認テスト(後半)問3

解説

これでわかる!
問題の解説授業

問題(1)

問題3(1)

lecturer_avatar

イラストが登場しましたが、誰の顔か分からなくても大丈夫です。本文中の説明通り、彼は 孫文 です。孫文についての記述として 謝っているもの を選びましょう。

lecturer_avatar

①孫文は 興中会 を結成して革命運動を展開しました。問題ありません。

lecturer_avatar

民族の独立・民権の伸長・民生の安定 といえば 三民主義 ですね。孫文は三民主義を唱えました、問題ありません。

lecturer_avatar

③興中会をはじめとする革命団体が結集して 中国同盟会 を結成しました。ただし、結成された場所は上海ではなく 東京 です。
正解は となります。

lecturer_avatar

④孫文は 中華民国の臨時大総統 に就任しています。問題ありません。

(1)の答え
問題3(1)答え入り

問題(2)

問題3(2)

lecturer_avatar

①清の 幹線鉄道国有化宣言 に反発した市民が暴動を起こしたのは、山東省ではなく 四川省 です。この文章は誤りですね。

lecturer_avatar

②新軍が武昌で蜂起したことで 辛亥革命 が勃発しました。
正解は となります。

lecturer_avatar

③「 光緒帝 の退位」ではありません。清の最後の皇帝は 宣統帝 です。宣統帝が退位したことで、清は滅亡しました。

lecturer_avatar

国民党 は袁世凱の専制化に対し武装蜂起を起こしましたが(第二革命)、袁世凱に敗れ解散させられてしまいました。つまり袁世凱が生きていた時期に活動した政党です。袁世凱の死後、中国では 軍閥 が割拠することになりました。

(2)の答え
問題3(2)答え入り
lecturer_avatar

この章では 帝国主義と東アジア というテーマで、 中国と朝鮮が植民地化されていく様子 を見てきました。

lecturer_avatar

中国では植民地化に抵抗する動きも見られましたが上手くいかず、最終的には革命が起きて清が滅亡し、新たな国が誕生することになりました。

lecturer_avatar

朝鮮でも抵抗運動が見られましたが、最終的に 日本の領土に組み込まれることになりました。 中国・朝鮮が植民地化されていく様子をしっかり覚えておきましょう。

帝国主義と東アジア(第3問)
1
友達にシェアしよう!
Logo black
Register description
  • すべての授業の「要点まとめノート」「問題・解答」をPDF無料ダウンロードできる
  • 学校で使っている教科書にあわせて勉強できる
  • わからないところを質問できる

      会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。
      ご利用のメールサービスで @try-it.jp からのメールの受信を許可して下さい。詳しくは
      こちらをご覧ください。

      高校世界史Bの問題

      この授業のポイント・問題を確認しよう

      帝国主義と東アジア

      Logo black
      Register description

          会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。
          ご利用のメールサービスで @try-it.jp からのメールの受信を許可して下さい。詳しくは
          こちらをご覧ください。

          Logo black
          Register description

              会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。
              ご利用のメールサービスで @try-it.jp からのメールの受信を許可して下さい。詳しくは
              こちらをご覧ください。

              高校世界史B