高校世界史B

高校世界史B
5分でわかる!日本にならって近代化を!

3
Movie size

5分でわかる!日本にならって近代化を!

3

子どもの勉強から大人の学び直しまで
ハイクオリティーな授業が見放題

カンタン登録1分

この動画の要点まとめ

ポイント

日本にならって近代化を!!

帝国主義と東アジア1 ポイント2 答え全部

これでわかる!
ポイントの解説授業
lecturer_avatar

ポイントの2つ目は「変法運動」です。
日清戦争後の中国で見られた 近代化を目指す改革 について学習します。

lecturer_avatar

日清戦争の敗北は、中国にとって 衝撃的な出来事 でした。かつて唐の時代には日本から遣唐使が派遣され、中国の優れた文化を学んで日本に持ち帰っていましたよね。こうした歴史を積み重ねてきた中国にとって、日本はずっと「格下」の国だったのです。

lecturer_avatar

日清戦争で中国は、ずっと格下だと思っていた相手に敗れてしまったわけです。人びとはショックを受けました。「我々は西欧どころか日本にすら勝てないのか…」と。そこで中国では、日清戦争の後に 変法運動 と呼ばれる 近代化を目指す改革 が始まったのです。

変法運動/日本の明治維新を模範とした

lecturer_avatar

19世紀末期に清の皇帝となった 光緒帝 (こうしょてい)は、 康有為 (こうゆうい)や 梁啓超 (りょうけいちょう)らを官僚に登用し、日本の 明治維新 を模範とした改革運動を試みました。これを変法運動といいます。

lecturer_avatar

変法運動の中で、特に日本のような 立憲君主制 の樹立を目指し、康有為や梁啓超らが進めた運動を 戊戌の変法 (ぼじゅつのへんぽう)といいます。

lecturer_avatar

皇帝の独裁政治ではなく、日本のように憲法を制定して政治を行うことで、中国を強くしようと考えたのです。

「変法運動」見出し+イラスト+テキスト3行/~明治維新を模範

戊戌の政変/西太后ら保守派が改革を弾圧!

lecturer_avatar

ただし、康有為らの変法運動は 西太后 ら保守派によって弾圧されてしまいました。この出来事を 戊戌の政変 (ぼじゅつのせいへん)といいます。西太后は当時の宮廷で政治の実権を握っていた人物です。

lecturer_avatar

西太后ら保守派が改革を弾圧したのは、皇帝の権力が制限されるのを嫌ったためとも、改革に伴う国内混乱に乗じて再びヨーロッパ諸国が干渉してくるのを警戒したためともいわれています。

lecturer_avatar

西太后の本当の狙いについては諸説あるものの、戊戌の政変によって康有為らの近代化改革が弾圧され、挫折してしまったことは確かです。

02の続き/西太后のイラスト+右側テキスト2行

lecturer_avatar

以上、中国分割が進む中で行われた変法運動(戊戌の変法)と、それを弾圧した戊戌の政変を紹介しました。

lecturer_avatar

この次の授業では、近代化改革が失敗した後の中国の様子を見ていきます。

Shinzato

この授業の先生

新里 将平 先生

「世界史を楽しく,わかりやすく教えたい!」をモットーにストーリー性のある授業展開で、歴史上の人物や国が当時何を考え、どう動いたかを感情を込めて伝える。

日本にならって近代化を!
3
友達にシェアしよう!
Logo black
Register description
  • すべての授業の「要点まとめノート」「問題・解答」をPDF無料ダウンロードできる
  • 学校で使っている教科書にあわせて勉強できる
  • わからないところを質問できる

      会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

      この授業のポイント・問題を確認しよう

      帝国主義と東アジア

      Logo black
      Register description

          会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

          Logo black
          Register description

              会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

              高校世界史B