高校世界史B

高校世界史B
5分で解ける!中国と朝鮮の植民地化(第3問)に関する問題

0
Movie size

5分で解ける!中国と朝鮮の植民地化(第3問)に関する問題

0

子どもの勉強から大人の学び直しまで
ハイクオリティーな授業が見放題

カンタン登録1分

この動画の問題と解説

問題

一緒に解いてみよう
中国と朝鮮の植民地化/確認テスト(第3問)

中国と朝鮮の植民地化6 確認テスト(後半)

解説

これでわかる!
問題の解説授業

問題(1)

問題3(1)

lecturer_avatar

短文a。
洋務運動の基本精神は「 中体西用 」でしたね。「 国の 制を維持しながら 西 洋技術を いる」という意味です。この文章は問題ありません。

lecturer_avatar

短文b。
洋務運動はあくまで「中国の体制を維持しながら」改革を進める運動でした。中国の体制とはつまり 皇帝独裁政治 や儒学を中心とした学問体系です。問題文のように「 立憲君主制を目指した 」という事実はありませんから、こちらは誤りとなります。

lecturer_avatar

以上から、正解は ②aのみ正しい となります。「中体西用」の意味をしっかりと覚えておきましょう。

(1)の答え
問題3(1)答え入り

問題(2)

問題3(2)

lecturer_avatar

江華島事件 をきっかけに日本は朝鮮への介入を強め、 日朝修好条規 が締結されることになりました。これは問題ありません。

lecturer_avatar

東学 とは朝鮮の民間信仰に 儒教・仏教・道教 など アジア生まれの宗教・思想 が結びついてできた宗教です。選択肢の「キリスト教の思想を取り入れ」という記述は 西学 の説明になっています。この選択肢は誤りなので、正解は です。

lecturer_avatar

③日清戦争の結果、中国は 朝鮮の独立を承認 しました。言い換えると 朝鮮の宗主権を放棄した ということです。この選択肢は問題ありません。

lecturer_avatar

④壬午軍乱の際、清は 閔妃を支援し反乱鎮圧に協力しました。 これを受けて、閔氏は親日路線から親清路線へと方針転換していくことになりました。これも問題ありません。

(2)の答え
問題3(2)答え入り
lecturer_avatar

この章では 中国と朝鮮の植民地化 を勉強しました。

lecturer_avatar

19世紀になると、中国と朝鮮は列強諸国、特に朝鮮は日本の進出を受けました。列強はどのように両国へ開国を迫ったのか、そして両国はどう反応したのか。こうした点に注意して復習してください。

lecturer_avatar

また、列強による進出を受けて、中国や朝鮮国内では 反乱近代化改革 の動きが見られましたね。そちらも合わせて覚えておきましょう。

中国と朝鮮の植民地化(第3問)
0
友達にシェアしよう!
Logo black
Register description
  • すべての授業の「要点まとめノート」「問題・解答」をPDF無料ダウンロードできる
  • 学校で使っている教科書にあわせて勉強できる
  • わからないところを質問できる

      会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。
      ご利用のメールサービスで @try-it.jp からのメールの受信を許可して下さい。詳しくは
      こちらをご覧ください。

      この授業のポイント・問題を確認しよう

      中国と朝鮮の植民地化

      Logo black
      Register description

          会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。
          ご利用のメールサービスで @try-it.jp からのメールの受信を許可して下さい。詳しくは
          こちらをご覧ください。

          Logo black
          Register description

              会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。
              ご利用のメールサービスで @try-it.jp からのメールの受信を許可して下さい。詳しくは
              こちらをご覧ください。

              高校世界史B