高校世界史B

高校世界史B
5分でわかる!寛大な統治の仕組み

9
Movie size

5分でわかる!寛大な統治の仕組み

9
春キャンペーン2019春キャンペーン2019

この動画の要点まとめ

ポイント

寛大な統治の仕組み

高校世界史 東アジア世界の展開5 ポ1 答え全部

これでわかる!
ポイントの解説授業
lecturer_avatar

東アジア世界の展開、第5回。
今回は「モンゴル人の支配」について学習します。

lecturer_avatar

ポイントの1つ目は「モンゴルの諸ハン国」です。
前回の授業で学習したように、 モンゴル人は各地に遠征を行いました。 そして征服地にモンゴル人国家( ハン国 )を建設したのです。どの場所に、どのような国家が成立したのでしょうか?

中央アジアのチャガタイ=ハン国

lecturer_avatar

モンゴル人が各地に建設した国を ウルス といいます。今回は3つのウルスを紹介します。

lecturer_avatar

最初に紹介するのは チャガタイ=ハン国 (1227~14世紀後半)です。この国は14世紀にイスラーム化し、14世紀半ばには 東西に分裂しました。

ポ1のテキスト部分冒頭3行/・チャガタイ=ハン国~東西分裂(14世紀半ば)まで/地図不要、答え入り

lecturer_avatar

当時、中央アジアでは イスラーム商人 が東西交易で活躍していました。そこでチャガタイ=ハン国はイスラーム教を受け入れ、 自分たちの国でも商業活動を行ってもらおうとしたのです。

南ロシア一帯を支配したキプチャク=ハン国

lecturer_avatar

続いては キプチャク=ハン国 (1243~1502)です。建国者は、オゴタイ=ハンの命で西征(ヨーロッパ遠征)を行った バトゥ です。

image02の続き/・キプチャク=ハン国~→分裂・解体、まで

lecturer_avatar

キプチャク=ハン国は 草原の道(シルクロード) のヨーロッパ側の出口に位置します。イスラーム商人たちも多く訪れるため、彼らが信仰する イスラーム教 を採用しました。しかし、1480年にロシアの モスクワ大公国 が独立を達成した影響で、1502年にキプチャク=ハン国は滅亡してしまいました。

イラン高原のイル=ハン国

lecturer_avatar

最後は イル=ハン国 (1258~1353)です。モンケ=ハンの弟 フラグ が建国しました。イル=ハン国は西アジア地域で栄えました。

image03の続き/・イル=ハン国~著書:『集史』、まで

lecturer_avatar

イル=ハン国は、 ガザン=ハン の時代に イスラーム教に改宗しました。 もともと西アジアではイスラーム教徒が多いことや、他のモンゴル人国家もイスラーム化していたことも、イル=ハン国がイスラーム教を受け入れることへの追い風になりました。

lecturer_avatar

ガザン=ハンに登用された宰相 ラシード=アッディーン という人物は『 集史 』という歴史書を著しました。この本によって 初めてモンゴルの歴史が文字に残された といわれています。

高校世界史 東アジア世界の展開5 ポ1 答え全部

lecturer_avatar

チャガタイ=ハン国、キプチャク=ハン国、イル=ハン国。この3国はいずれも 東西交易で栄えた ため、交易の担い手である イスラーム商人 を念頭においた政策がとられました。国全体がイスラーム教を受け入れ、イスラーム商人が交易活動を行いやすい環境を整えたのです。

Shinzato

この授業の先生

新里 将平 先生

「世界史を楽しく,わかりやすく教えたい!」をモットーにストーリー性のある授業展開で、歴史上の人物や国が当時何を考え、どう動いたかを感情を込めて伝える。

春キャンペーン2019
寛大な統治の仕組み
9
友達にシェアしよう!
春キャンペーン2019

この授業のポイント・問題を確認しよう

東アジア世界の展開

春キャンペーン2019
春キャンペーン2019

高校世界史B