高校世界史B
高校世界史B
5分でわかる!東アジア世界をみる視点

6
Movie size

5分でわかる!東アジア世界をみる視点

6

子どもの勉強から大人の学び直しまで
ハイクオリティーな授業が見放題

カンタン登録1分

この動画の要点まとめ

ポイント

東アジア世界をみる視点

高校世界史 東アジア世界の展開0 右頁地図+下部テキスト

これでわかる!

ポイントの解説授業

lecturer_avatar

第14章「東アジア世界の展開」のガイダンス授業です。
この章では、計6回の授業で東アジア世界の展開について学習します。第13章まではヨーロッパ世界の勉強をしてきましたが、今回からは東アジア世界、特に中国の歴史に注目します。

lecturer_avatar

中国の歴史を少しおさらいしましょう。
紀元前221年、秦の始皇帝が史上初めて中国を統一しました。その後、中国は前漢後漢王朝の時代を迎えました。後漢の滅亡後は、およそ300年間にわたる混乱の時代が到来します。これを魏晋南北朝時代と呼びましたね。

lecturer_avatar

魏晋南北朝時代の混乱を終わらせたのが王朝で、隋の後に成立したのが王朝でした。この章でお話しするのは、この唐王朝が滅んだ後の歴史です。

第1回「五代十国~北宋の成立」

lecturer_avatar

唐が滅ぶと、中国は五代十国時代という混乱期を迎えます。五代十国は、5つの王朝が次々と入れ替わり武力を持つ軍人が実権を握る時代でした。まさに混乱の時代です。

lecturer_avatar

五代十国時代が終わりを迎えると、北宋という王朝が成立します。北宋は五代十国時代の反省を活かした国づくりを行い、軍人ではなく官僚中心の社会を作り上げました。第1回の授業では五代十国から北宋の成立までの話をします。

第2回「北宋の国家運営」

lecturer_avatar

北宋は非常に交易が盛んな王朝でした。さまざまな地域と交易を行うことで、北宋の財政は潤っていたのです。

lecturer_avatar

経済的には大きく発展した北宋ですが、困ったことも起こりました。北宋の富を狙って、北方民族が侵入してきたのです。外敵による圧力に加え、官僚国家ゆえの問題点も発生するなど、内外の事情が北宋王朝を苦しめたのです。第2回は北宋の国家運営に注目します。

第3回「北宋の社会経済と文化の発展」

lecturer_avatar

北宋の時代には、交易活動の活発化により経済が発展します。さらに社会や文化もめざましい発展を遂げました。第3回は北宋の社会経済と文化の発展についてお話しします。

第4回「モンゴル帝国の形成」

lecturer_avatar

北宋のような交易主体の国家にとっては**取引相手が安定していることが重要です。**自分の国が元気だとしても、取引相手が混乱していたり、異民族に攻められたりしていては交易どころではありません。

lecturer_avatar

加えて重要なことがあります。一つの国や地域とならまだしも、複数の国と交易を行う場合は交易に関わる諸々のルールが統一されていることが大切です。例えば言語や通貨が違ったり、取引のルールが異なったりすれば、スムーズに交易を行うことができません。つまり、交易を行う地域では統一されたルールが適用されている状態が理想なのです。

lecturer_avatar

第4回の授業で登場するのは、中国の周辺民族の中で、この「理想」を追い求めた民族です。その名もモンゴル人といいます。モンゴル人は、取引相手を支配し自分たちの交易ネットワークに組み込もうとしたのです。

lecturer_avatar

モンゴル人は、当時ユーラシア大陸にあった3つの交易ルートをおさえようとしました。陸上では、ヨーロッパと東アジアをつなぐ草原の道と、西アジアから中央アジアを経て中国へとつながるオアシスの道シルクロード)。海上では、紅海からインド洋を抜け、東南アジア・東アジアへとつながる海の道。この3つのルートです。

lecturer_avatar

モンゴル人は騎馬部隊を派遣して各地に遠征しました。その目的は単なる領土拡張ではありません。陸・海の交易ルートをおさえ、交易ネットワークを作り上げようとしたのです。以上、第4回はモンゴルの時代について取り扱います。

第5回「モンゴルの寛容な統治」

lecturer_avatar

モンゴル人の遠征の目的は、広大な交易ネットワークを構築することでした。そのため、征服した土地では寛容な統治を行い、商業活動が活発になるようにしました。第5回はモンゴル人の寛容な統治についてのお話です。

第6回「モンゴル(元)の文化」

lecturer_avatar

最後の授業では文化について学習します。モンゴル人は征服地で寛容な統治を行ったため、モンゴル帝国内の人びとは自由な活動が可能でした。こうした背景から庶民を中心とした優れた文化が生まれることになります。第6回は、モンゴルで庶民文化が開花するお話です。

高校世界史 東アジア世界の展開0 右頁地図+下部テキスト

lecturer_avatar

以上、東アジア世界の展開について、全6回に渡って解説します。一緒に勉強していきましょう!

Shinzato
この授業の先生

新里 将平 先生

「世界史を楽しく,わかりやすく教えたい!」をモットーにストーリー性のある授業展開で、歴史上の人物や国が当時何を考え、どう動いたかを感情を込めて伝える。

東アジア世界をみる視点
6
友達にシェアしよう!
Logo black
Register description
  • すべての授業の「要点まとめノート」「問題・解答」をPDF無料ダウンロードできる
  • 学校で使っている教科書にあわせて勉強できる
  • わからないところを質問できる

      会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

      この授業のポイント・問題を確認しよう

      東アジア世界の展開

      Logo black
      Register description

          会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

          Logo black
          Register description

              会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

              高校世界史B