高校物理

高校物理
5分でわかる!磁石の磁極と磁気力、磁気量

4
Movie size

5分でわかる!磁石の磁極と磁気力、磁気量

4

子どもの勉強から大人の学び直しまで
ハイクオリティーな授業が見放題

カンタン登録1分

この動画の要点まとめ

ポイント

磁石の磁極と磁気力、磁気量

高校物理 電磁気37 ポイント1 全部

これでわかる!
ポイントの解説授業
lecturer_avatar

今回からは 磁場磁気力 について考えていきましょう。

磁極、磁気力、磁気量、ウェーバーとは?

lecturer_avatar

みなさんは 磁石 を使ったことがありますよね。磁石には N極S極 があり、これらを 磁極 といいます。磁極が及ぼし合う力、 磁気力 はどのような力がはたらきますか?例えば、 N極S極 を近付けるとお互い引き合い 引力 が発生します。反対に N極同士、S極同士 を近付けると反発しあい、 斥力 が発生しますね。

高校物理 電磁気37 ポイント1 図 上2段目までの磁石4つ

lecturer_avatar

このN極とS極の関係は、電気の正電荷(+)と負電荷(-)の関係にとてもよく似ています。磁気力と静電気力を対応させて考えてみましょう。N極をプラス、S極をマイナスと見立てると、プラスとマイナスならば引き合うので引力が発生、プラス同士あるいはマイナス同士ならば反発しあうので斥力が発生となります。

lecturer_avatar

これから扱う磁気の世界では、 N極をプラス、S極をマイナス と定義します。また、磁極の大きさを表す物理量は 磁気量 と言います。

高校物理 電磁気37 ポイント1 図 中央下の磁石とクマちゃんの囲み

lecturer_avatar

磁気量の大きさは記号 m で表され、単位は [Wb(ウェーバー)] です。磁気量m[Wb]は、電気の世界の電気量q[C]と対応しています。ただし、磁極と電荷では決定的に違うことがあります。電気量は+と-が単独でも存在しますが、磁極では 常にN極とS極がセット で存在します。 磁気量は+と-で単独に存在することはできない ということです。

Suzuki

この授業の先生

鈴木 誠治 先生

知識ゼロからでもわかるようにと、イラストや図をふんだんに使い、難解な物理を徹底的にわかりやすく解きほぐして伝える。

磁石の磁極と磁気力、磁気量
4
友達にシェアしよう!
Logo black
Register description
  • すべての授業の「要点まとめノート」「問題・解答」をPDF無料ダウンロードできる
  • 学校で使っている教科書にあわせて勉強できる
  • わからないところを質問できる

      会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。