高校物理

高校物理
5分で解ける!レンズの法則に関する問題

1
Movie size

5分で解ける!レンズの法則に関する問題

1

子どもの勉強から大人の学び直しまで
ハイクオリティーな授業が見放題

カンタン登録1分

この動画の問題と解説

練習

一緒に解いてみよう

波動24 練習 全部

解説

これでわかる!
練習の解説授業
lecturer_avatar

凸レンズ、凹レンズがつくる像についての問題です。

凸レンズは焦点距離f>0

波動24 練習 (1)問題文

lecturer_avatar

まずは図を書いてみましょう。 凸レンズ焦点距離fがプラス になることに注意します。

波動24 練習 (1)手書き図

lecturer_avatar

レンズの法則の式に、物体までの距離a=+6.0[cm]、焦点距離f=+12[cm]を代入してbについて解きましょう。

波動24 練習 (1) 左側の答え全部

lecturer_avatar

b=−12[cm]と求まりました。bが負の値になったので 虚像 ですね。位置は レンズの前方 で、倍率m=−b/a=+2.0。倍率がプラスなので 正立 と判断できます。像の大きさは元々の像の大きさ6.0[cm]に2.0をかければ求まりますね。

(1)の答え
波動24 練習 (1)答えすべて

凸レンズは焦点距離f<0

波動24 練習 (2)問題文

lecturer_avatar

まずは図を書いてみましょう。 凹レンズ焦点距離fがマイナス になることに注意します。

波動24 練習 (2)図

lecturer_avatar

レンズの法則の式に、物体までの距離a=+6.0[cm]、焦点距離f=-12[cm]を代入してbについて解きましょう。

波動24 練習 (2) 左側の答え全部

lecturer_avatar

b=−4.0[cm]と求まりました。bが負の値になったので 虚像 ですね。位置は レンズの前方 で、倍率m=−b/a=+2/3。倍率がプラスなので 正立 と判断できます。像の大きさは元々の像の大きさ6.0[cm]に2/3をかければ求まりますね。

(2)の答え
波動24 練習 (2)答えすべて
レンズの法則
1
友達にシェアしよう!
Logo black
Register description
  • すべての授業の「要点まとめノート」「問題・解答」をPDF無料ダウンロードできる
  • 学校で使っている教科書にあわせて勉強できる
  • わからないところを質問できる

      会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。