高校物理

高校物理
5分で解ける!凸レンズ、凹レンズ、像の作図に関する問題

24

5分で解ける!凸レンズ、凹レンズ、像の作図に関する問題

24
難関大合格パーソナルプログラム難関大合格パーソナルプログラム

この動画の問題と解説

練習

一緒に解いてみよう

波動23 練習 全部

解説

これでわかる!
練習の解説授業
lecturer_avatar

凹レンズがつくる像を作図する問題です。カギとなるのは、 ①光軸に平行な光線②レンズの中心Oに向かう光線 ですね。

光軸に平行な光線の作図

lecturer_avatar

まずはAから出る光軸に平行な光線を作図しましょう。光軸に平行な光線は、凹レンズに入射した後、光軸から広がるように進みます。このとき、光線はあたかも焦点Fを光源とするように広がるのでした。

波動23 練習 図 赤字はAからでた光軸に平行な光線と点線

中心Oに向かう光線の作図

lecturer_avatar

次に、 中心を通過する光線 を作図します。中心を通る光線はそのまま直進するのでした。2本の直線が交わる点をA'とし、像A'B'を作図しましょう。

答え
波動23 練習 図 答え
lecturer_avatar

実際の光線が結ぶ像ではないので、これは 虚像 ですね。A'B'が縮小された 正立虚像 だということがわかります。

難関大合格パーソナルプログラム
凸レンズ、凹レンズ、像の作図
24
友達にシェアしよう!
難関大合格パーソナルプログラム

レンズの法則の練習

この授業のポイント・問題を確認しよう

波動

      会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。
      ご利用のメールサービスで @try-it.jp からのメールの受信を許可して下さい。詳しくは
      こちらをご覧ください。

      レンズの法則

      難関大合格パーソナルプログラム難関大合格パーソナルプログラム

      高校物理