高校物理

高校物理
5分でわかる!波長:λ[m] 振幅:A[m] 速さ:v[m/s]

0
Movie size

5分でわかる!波長:λ[m] 振幅:A[m] 速さ:v[m/s]

0

子どもの勉強から大人の学び直しまで
ハイクオリティーな授業が見放題

カンタン登録1分

この動画の要点まとめ

ポイント

波長:λ[m] 振幅:A[m] 速さ:v[m/s]

波動1 ポイント2 全部 空欄埋める

これでわかる!
ポイントの解説授業
lecturer_avatar

波の動きを表す際は、 周期振動数 が重要でした。それ以外に、 波長振幅速さ も大事な要素になってきます。

波長=隣りあう山と山(谷と谷)の間隔

lecturer_avatar

図は、途中に印をつけたロープの一端を手で持ち、上下に1回振動させて波をつくったときの様子を示したものです。

波動1 ポイント2 図

lecturer_avatar

この1回の振動によってできる波の横幅のことを 波長 と言います。波の振動が連続して起こるときは、 隣りあう山と山(谷と谷)の間隔 が波長になります。波長は、ギリシャ文字で λ(ラムダ) と表し、単位は[m]です。

振幅=山の高さ(谷の深さ)

lecturer_avatar

また、ロープのつけた印に注目してみると、元の位置から一番高い位置まで上がった後、今度は一番低い位置まで下がり、元の位置まで戻りますね。 この印は右に移動せず、ただ上下に運動するだけです。この波の上下運動における 山の高さ(谷の深さ)振幅 といいます。

波動1 ポイント2 図

lecturer_avatar

振幅 は記号Aで表し、単位は[m]です。

速さ=波が1[s]に進む距離

lecturer_avatar

さらに手を上下に何度も振動させると、波はどんどん右に進んでいきます。このとき、波が1[s]あたりに進む距離が 速さ となります。 速さv[m/s] と表します。

波動1 ポイント2 図

lecturer_avatar

波の速さvはどう計算できるかわかりますか。波が1回振動するのに要する時間が 周期T[s] で、1回の振動によって進む波の距離が波長λ[m]でした。速さは、1[s]あたりに進んだ距離なので、
v=λ/T
と表せますね。さらに、Tの逆数は振動数fだったので、
v=fλ
と表すこともできます。

波動1 ポイント2 クマさんのまとめ 空欄埋める

Suzuki

この授業の先生

鈴木 誠治 先生

知識ゼロからでもわかるようにと、イラストや図をふんだんに使い、難解な物理を徹底的にわかりやすく解きほぐして伝える。

波長:λ[m] 振幅:A[m] 速さ:v[m/s]
0
友達にシェアしよう!
Logo black
Register description
  • すべての授業の「要点まとめノート」「問題・解答」をPDF無料ダウンロードできる
  • 学校で使っている教科書にあわせて勉強できる
  • わからないところを質問できる

      会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。