高校物理

高校物理
5分でわかる!周期T[s]と振動数f[Hz]

13
Movie size

5分でわかる!周期T[s]と振動数f[Hz]

13

子どもの勉強から大人の学び直しまで
ハイクオリティーな授業が見放題

カンタン登録1分

この動画の要点まとめ

ポイント

周期:T[s]と振動数:f[Hz]

波動1 ポイント1 全部 空欄埋める

これでわかる!
ポイントの解説授業
lecturer_avatar

第3章では波動について学んでいきます。例えば、ロープの一端を手で持って振動させると、その振動がロープ上に伝わりますね。振動が、ある物質によって伝わる現象が です。ここで波を伝えるためにはロープという物質が必要です。このような波を伝える物質のことを 媒質 といいます。例えば音という波を伝えるとしたら空気が媒質で、水面を波が伝わるとしたら水が媒質です。

lecturer_avatar

しかし、媒質がなくても伝わる波もあります。それは真空中を伝わることができる波、 です。光だけは例外的に媒質がなくても伝わることができるのです。

周期T[s]、振動数f[Hz]とは?

lecturer_avatar

波の動き、すなわち波動を表すときには、 周期振動数 を用います。

lecturer_avatar

周期 は、 媒質が1回の振動に要する時間 です。要するに、波が上がって、下がって、また元の高さにまで戻るまでの時間ですね。周期は、 T という記号で表され、単位は[s]です。

lecturer_avatar

振動数 は、 1[s]あたりの振動の回数 のことをいいます。振動数は、 f という記号で表され、単位は[Hz]です。[Hz]は ヘルツ と読みますね。

周期Tと振動数fは逆数の関係

lecturer_avatar

周期Tと振動数fの関係について、下の図を使って解説していきましょう。

波動1 ポイント1 左側の円の図

lecturer_avatar

図のように、円周上を運動する物体があります。この円運動を横から見ると、次の図のように上下に運動するように見えますね。

波動1 ポイント1 2つの図

lecturer_avatar

この運動において、 周期T は物体が上がって下がって元に戻ってくる、 1往復する時間 になります。 振動数f1[s]あたりの往復回数 です。

lecturer_avatar

例えば、この物体が5[s]間で10回振動したとき、
周期 T=5[s]÷10[回]=0.5[s]
振動数 f=10[回]÷5[s]=2[Hz]
であり、 逆数 の関係になっていますね。

波動1 ポイント1 クマさんのまとめ 空欄埋める

lecturer_avatar

振動数fは周期Tの逆数 になることをおさえておきましょう。

Suzuki

この授業の先生

鈴木 誠治 先生

知識ゼロからでもわかるようにと、イラストや図をふんだんに使い、難解な物理を徹底的にわかりやすく解きほぐして伝える。

周期T[s]と振動数f[Hz]
13
友達にシェアしよう!
Logo black
Register description
  • すべての授業の「要点まとめノート」「問題・解答」をPDF無料ダウンロードできる
  • 学校で使っている教科書にあわせて勉強できる
  • わからないところを質問できる

      会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。