高校英語構文

高校英語構文
5分で解ける!動詞のカタマリに関する問題

3
Movie size

5分で解ける!動詞のカタマリに関する問題

3

子どもの勉強から大人の学び直しまで
ハイクオリティーな授業が見放題

カンタン登録1分

この動画の問題と解説

練習

一緒に解いてみよう

英語構文 英文の眺め方2 練習

解説

これでわかる!
練習の解説授業
lecturer_avatar

今回のポイントは動詞のカタマリ。動詞のカタマリを意識して、訳に挑戦してみよう!

問題(1)

問題(1)英文のみ

lecturer_avatar

(1)では looks up to を動詞のカタマリと捉えよう。look up to は respect とほぼ同じ意味で「~を尊敬する」と訳せるよ。

(1)の答え
問題(1)英文書き込みアリ+和訳

問題(2)

問題(2)英文のみ

lecturer_avatar

(2)では、動詞が過去形・否定形・受身になっている。少し複雑だけど were not allowed をカタマリと捉えよう。ちなみに、後ろの to enter the room は 不定詞のカタマリ になっているんだ。

(2)の答え
問題(2)英文書き込みアリ+和訳
lecturer_avatar

We が主語、were not allowed が動詞のカタマリ、to enter the room が不定詞のカタマリ。カタマリで捉えると、英文の構造がスッキリわかるね。

問題(3)

問題(3)英文のみ

lecturer_avatar

長い英文を読む際は、まず主語に対する動詞に注目しよう。1文の中に、主語に対する動詞は1つ。(3)では完了進行形の has been reading が動詞のカタマリになるよ。

lecturer_avatar

紛らわしいのが文の後半にある written だけど、これは 過去分詞 だ。written in easy English「簡単な英語で書かれた」がカタマリで a novel を修飾しているよ。

lecturer_avatar

for three hours もカタマリで「3時間にわたって」という意味。これらのカタマリを意識すると、次のように訳せるよ。

(3)の答え
問題(3)英文書き込みアリ+和訳
lecturer_avatar

今回は動詞のカタマリについて勉強しました。進行形や受身、完了形、助動詞+原形は動詞のカタマリと捉えよう!

動詞のカタマリ
3
友達にシェアしよう!
Logo black
Register description
  • すべての授業の「要点まとめノート」「問題・解答」をPDF無料ダウンロードできる
  • 学校で使っている教科書にあわせて勉強できる
  • わからないところを質問できる

      会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

      この授業のポイント・問題を確認しよう

      英文の眺め方

      Logo black
      Register description

          会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

          Logo black
          Register description

              会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

              高校英語構文