高校英語構文

高校英語構文
5分で解ける!節というカタマリに関する問題

5
Movie size

5分で解ける!節というカタマリに関する問題

5

子どもの勉強から大人の学び直しまで
ハイクオリティーな授業が見放題

カンタン登録1分

この動画の問題と解説

例題

一緒に解いてみよう
節というカタマリ

英語構文 英文の眺め方4 TK'sポイント

解説

これでわかる!
例題の解説授業
lecturer_avatar

高校英語構文 第1章「英文の眺め方」第4回。
今回は節というカタマリについて学習するよ。
まずは次の例文を見てみよう。

例題・書き込みナシ・答えナシ

lecturer_avatar

1つの文において 主語に対する動詞は1つ というのが、英文の基本ルール。でも、この文には sangdidn't know の2つも動詞がある!...ように見えるね。さて、この英文の「主語に対する動詞」はどっちかわかるかな?

lecturer_avatar

ポイントは名詞 song の後の 関係代名詞 which だ。関係代名詞はという意味のカタマリをつくるよ。TK'sポイントで確認しよう!

TK'sポイント

lecturer_avatar

主語(S)と述語(V)を含むカタマリのことを「節」というよ。前回の授業で勉強した「句」は SVを含まないカタマリ だったよね。

lecturer_avatar

さて、TK'sポイントの例文 This is the book which I bought yesterday. に注目すると、is と bought で動詞が2つあるように見えるけど、実際は is が主語に対する動詞で、which I bought yesterday は節のカタマリになっているんだ。the book にかかって「私が昨日買った」という意味を付け足しているよ。

lecturer_avatar

それではもう1度例文に戻ろう。

例題・書き込みアリ・和訳ナシ

lecturer_avatar

which he didn't know が意味のカタマリ。a song にかかって意味を付け足しているよ。全体の訳はこちら。

例題・書き込みアリ・和訳アリ

lecturer_avatar

今回のポイントは節というカタマリ。接続詞や関係詞などがつくる、SVを含むカタマリを節というんだ。

節というカタマリ
5
友達にシェアしよう!
Logo black
Register description
  • すべての授業の「要点まとめノート」「問題・解答」をPDF無料ダウンロードできる
  • 学校で使っている教科書にあわせて勉強できる
  • わからないところを質問できる

      会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

      この授業のポイント・問題を確認しよう

      英文の眺め方

      Logo black
      Register description

          会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

          Logo black
          Register description

              会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

              高校英語構文