中学歴史

中学歴史
5分でわかる!第一次世界大戦の終結

60
Movie size

5分でわかる!第一次世界大戦の終結

60

子どもの勉強から大人の学び直しまで
ハイクオリティーな授業が見放題

カンタン登録1分

この動画の要点まとめ

ポイント

第一次世界大戦は連合国側の勝利 アメリカが途中から参戦

中学歴史54 ポイント1 答え入り

これでわかる!
ポイントの解説授業
lecturer_avatar

大正時代2のポイント1は、「第一次世界大戦の終結」です。
1914年、ヨーロッパ諸国の対立を背景に 第一次世界大戦 が始まると、
ヨーロッパの国々は 同盟国 側と 連合国 側に分かれて争いました。
こちらを見てください。

中学歴史54 ポイント1 答え入り

ドイツ・オーストリアの「同盟国」vsイギリス・フランスの「連合国」

lecturer_avatar

第一次世界大戦はもともと、 ドイツ・オーストリア の「 同盟国 」と イギリス・フランス・ロシア の「 連合国 」の対立でした。
1917年に ロシア革命 が起きると、戦争継続が難しくなったロシアが撤退します。
ロシアが抜けたあと、連合国には強力な助っ人が加わりました。
それが アメリカ です。
アメリカは、戦争開始当初は中立を保ち、どちらの陣営にも加担していませんでした。

ドイツの攻撃でアメリカ人に被害が… アメリカは連合国側で参戦する

lecturer_avatar

第一次世界大戦の途中、ドイツは連合国の船に対して 潜水艦による無差別攻撃 を行いました。
すると、 ドイツの攻撃でイギリス船が沈められ、たまたま乗り合わせていたアメリカ人乗客にも多くの犠牲者が出る事件が発生した のです。
怒ったアメリカは、1917年に ドイツの敵である連合国側に加わる形で参戦しました。

中学歴史54 ポイント1 答え入り

lecturer_avatar

アメリカの参戦が決定打となり、1918年に第一次世界大戦は 連合国側の勝利 で幕を閉じました。
連合国側といえば、イギリス・フランス・アメリカ・そして 日本 です。
日本も 日英同盟 を口実に連合国側で参戦していました。

lecturer_avatar

こうして、1914年から始まった第一次世界大戦は終結したのです。
アメリカが連合国側(イギリス・フランス)について参戦したということを覚えておきましょう。

Matsumoto

この授業の先生

松本 亘正 先生

歴史や地理を暗記科目ととらえず、感動と発見がふんだんに盛り込まれたストーリーで展開して魅了。 ときにクスリと笑わせる軽妙な語り口にも定評があり、「勉強ってこんなに楽しかったの!?」と心動かされる子供たちが多数。

第一次世界大戦の終結
60
友達にシェアしよう!
Logo black
Register description
  • すべての授業の「要点まとめノート」「問題・解答」をPDF無料ダウンロードできる
  • 学校で使っている教科書にあわせて勉強できる
  • わからないところを質問できる

      会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。