中学歴史

中学歴史
5分で解ける!聖徳太子の政治に関する問題

146

5分で解ける!聖徳太子の政治に関する問題

146
オンラインLIVE夏期講習オンラインLIVE夏期講習

この動画の問題と解説

練習

一緒に解いてみよう
下のカッコ内に入る語句を答えよう

中学歴史7 練習1 カッコ空欄

解説

これでわかる!
練習の解説授業

天皇中心の国づくりを目指した聖徳太子

lecturer_avatar

聖徳太子がどのような政治を行ったのか、練習問題で確認していきましょう。

中学歴史7 練習1 上3行(~豪族( )と協力)まで表示、カッコ空欄

lecturer_avatar

聖徳太子はおばの推古天皇をサポートする役割につきます。
摂政 という役職でしたね。
摂政は、天皇が女性である場合や、幼かったり病気だったりする場合にサポート役として置かれました。

lecturer_avatar

摂政となった聖徳太子は、さらに有力な豪族と協力します。
そう、 蘇我馬子 でしたね。
蘇我馬子の助けを借りながら、国内の改革に着手したのです。

答え
中学歴史7 練習1 上3行(~豪族( )と協力)まで表示、答え入り

重要な2つの役人改革

lecturer_avatar

今度は、聖徳太子が行った改革についての問題です。

中学歴史7 練習1 下4行(603年~以降)のみ表示、カッコ空欄

lecturer_avatar

603年に設けられた、家柄にとらわれずに能力に応じて位を与える制度を何と言いましたか?
答えは 冠位十二階 の制度でしたね。漢字で書けるようにしておきましょう。

lecturer_avatar

604年に定められた、豪族に対する役人としての心構えを示した決まりはなんでしたか?
これは 十七条の憲法 でした。憲法十七条と呼ぶこともあります。

lecturer_avatar

十七条の憲法には、3つの大事なポイントがありましたね。
1つ目はみんなで協力すること、2つ目が 仏教 を大事にすること、3つ目が天皇の命令に従うことでした。
インドで始まった仏教は、このころ日本に伝わったのです。

答え
中学歴史7 練習1 下4行(603年~以降)のみ表示、答え入り
オンラインLIVE夏期講習
聖徳太子の政治
146
友達にシェアしよう!
オンラインLIVE夏期講習

この授業のポイント・問題を確認しよう

飛鳥時代

      会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。
      ご利用のメールサービスで @try-it.jp からのメールの受信を許可して下さい。詳しくは
      こちらをご覧ください。

      オンラインLIVE夏期講習オンラインLIVE夏期講習

      中学歴史