中学歴史

中学歴史
5分でわかる!聖徳太子、小野妹子を隋へ派遣

49
Movie size

5分でわかる!聖徳太子、小野妹子を隋へ派遣

49

子どもの勉強から大人の学び直しまで
ハイクオリティーな授業が見放題

カンタン登録1分

この動画の要点まとめ

ポイント

予言者 聖徳太子 隋の皇帝を怒らせる

中学歴史7 ポイント2 答え全部

これでわかる!
ポイントの解説授業
lecturer_avatar

飛鳥時代1のポイント2は、「聖徳太子の外交」です。

lecturer_avatar

「予言者」聖徳太子というタイトルですが、いったい何を予言したのでしょうか?
その答えに迫るため、聖徳太子の外交について見ていきましょう。

隋の皇帝を怒らせた!

中学歴史7 ポイント2 答え全部

lecturer_avatar

これは、聖徳太子が活躍した頃の東アジアの地図です。
国内改革を行った聖徳太子は、607年、 小野妹子 らを中国の隋に派遣しました。「隋に使いを派遣」したので、これを 遣隋使 といいます。

lecturer_avatar

小野妹子たちは、聖徳太子の書いた手紙を中国まで届けましたが、皇帝を怒らせてしまいました。なぜでしょうか?

lecturer_avatar

手紙には、「日が昇る国の天皇が、日が沈む国の皇帝に手紙を差し上げます。お元気ですか。」と書いてありました。皇帝は、この手紙を「日が昇る国(=日本)」はこれから発展していくのに対して、「日が沈む国(=隋)」はこれから没落していくという風に読み取ったのです。
しかし、当時隋は朝鮮の高句麗と戦争中だったため、皇帝は怒りをこらえ、日本を敵に回すことはしませんでした。

聖徳太子の予言が的中?

lecturer_avatar

なぜ、聖徳太子は強大な中国に向かってこんな手紙を送ったのでしょうか。その理由は、 中国と対等の関係を結ぼうとした からであるとされています。

lecturer_avatar

聖徳太子からの手紙の内容に怒った皇帝でしたが、実際に隋はこの手紙をもらった十数年後に滅んでしまいました。
正に聖徳太子の手紙のとおりになったのです。
聖徳太子の予言が的中した!と言えるのかもしれませんね。

中学歴史7 ポイント2 答え全部

Matsumoto

この授業の先生

松本 亘正 先生

歴史や地理を暗記科目ととらえず、感動と発見がふんだんに盛り込まれたストーリーで展開して魅了。 ときにクスリと笑わせる軽妙な語り口にも定評があり、「勉強ってこんなに楽しかったの!?」と心動かされる子供たちが多数。

聖徳太子、小野妹子を隋へ派遣
49
友達にシェアしよう!
Logo black
Register description
  • すべての授業の「要点まとめノート」「問題・解答」をPDF無料ダウンロードできる
  • 学校で使っている教科書にあわせて勉強できる
  • わからないところを質問できる

      会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

      この授業のポイント・問題を確認しよう

      飛鳥時代

      Logo black
      Register description

          会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

          Logo black
          Register description

              会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

              中学歴史