中3理科
中3理科
5分でわかる!速さの計算

7
Movie size

5分でわかる!速さの計算

7

子どもの勉強から大人の学び直しまで
ハイクオリティーな授業が見放題

カンタン登録1分

この動画の要点まとめ

ポイント

速さの計算

中3 物理2 ポイント2 答えあり

これでわかる!

ポイントの解説授業

同じ速さを、秒速・分速・時速の3つで表せる

lecturer_avatar

速さの計算について見ていきましょう。

中3 物理2 ポイント2 答えあり

lecturer_avatar

まずは、図の左を見てください。
「時速」「分速」「秒速」という3つの速さがかかれていますね。
実は同じ速さを3つの種類で表すことができるのです。
今回は速さの表し方を学んでいきましょう。
たとえば、秒速25mという速さを例にとっています。
秒速25mとは、1秒間に25m進むという意味でしたね。
この速さを分速に直してみましょう。
つまり、1分間に何m進むのかを考えるわけです。
1分とは、60秒のことでしたね。
1秒で25m進むのですから、60秒では、25m×60秒で1500m進むことになります。
つまり、 分速1500m と表すことができます。
次に時速を求めてみましょう。
1時間は60分ですから、1500m×60分=90000mとなります。
90000mは9kmのことなので、 時速9km となりますね。
ちなみに、秒速25mは25m/sと表すこともあります。
「秒」は英語でsecondなので、頭文字をとってsとなるのですね。
また、同様に、分速1500mは1500m/m、時速9kmは9km/hとなります。

lecturer_avatar

ちなみに、私たちが歩く速さは4kmぐらいです。
それに対して、自動車が走る速さは、大体40kmぐらいです。
大体のイメージをもっておくと良いでしょう。

中3 物理2 ポイント2 答えあり

同じ速さの運動は、直線のグラフで表せる

中3 物理2 ポイント2 答えあり

lecturer_avatar

最後に右側のグラフを見ていきましょう。
縦軸が移動距離、横軸が時間を表しています。
実際にグラフの斜めの線を読み取ってみると、0.1秒で1.0cm進んでいます。
0.2秒では20cm、0.3秒では30cmですね。
このように、同じ速さで走っているとき、距離と時間のグラフは一直線になります。
また、グラフから0.5秒で30cm進んでいることがわかります。
0.5秒で30cmなので、1秒では100cmですね。
つまり、このグラフは秒速100cmという速さを表しているわけです。
速さに関する計算を、きちんと押さえておきましょう。

中3 物理2 ポイント2 答えあり

Itami
この授業の先生

伊丹 龍義 先生

教員歴15年以上。「イメージできる理科」に徹底的にこだわり、授業では、ユニークな実験やイラスト、例え話を多数駆使。

速さの計算
7
友達にシェアしよう!
Logo black
Register description
  • すべての授業の「要点まとめノート」「問題・解答」をPDF無料ダウンロードできる
  • 学校で使っている教科書にあわせて勉強できる
  • わからないところを質問できる

      会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

      この授業のポイント・問題を確認しよう

      運動とエネルギー

      Logo black
      Register description

          会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

          記録タイマーと速さ

          Logo black
          Register description

              会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

              中3理科