中3理科
中3理科
5分でわかる!テープの読み方

7
Movie size

5分でわかる!テープの読み方

7

子どもの勉強から大人の学び直しまで
ハイクオリティーな授業が見放題

カンタン登録1分

この動画の要点まとめ

ポイント

テープの読み方

中3 物理 1 1 2答えあり

これでわかる!

ポイントの解説授業

lecturer_avatar

記録タイマーを使って、運動の様子を調べてきました。
この方法を使って、速さを読み取る方法を見ていきましょう。

記録タイマーでは、0.02秒に1回点が打たれる(関東)

中3 物理 1 1 2答えあり

lecturer_avatar

ある運動を記録タイマーで記録した結果、テープには図の上のように点が打たれました。
ちなみに、この実験は関東で行ったものです。
関東では1秒間に50回点が打たれるのでしたね。
このことから、「1つ目の点を打ってから2つ目の点が打たれるまでに、どのくらいの時間がかかるか」がわかります。
50回点を打つのに1秒かかるわけですね。
つまり、1回点を打つのにかかる時間は、1÷50より、0.02秒ということになります。

中3 物理 1 1 2答えあり

距離(テープの長さ)と時間(打点の数)から速さが求められる

lecturer_avatar

ただし、「1打点0.02秒」というのは、細かすぎてわかりづらいですよね。
そこで、図の左下にある紙テープのように、5打点ごとに紙を切ってみましょう。

中3 物理 1 1 2答えあり

lecturer_avatar

すると、0.02秒×5より、テープの長さが「0.1秒間に動いた距離」になるわけです。
たとえば、5打点分の紙テープの長さが6cmだったとしましょう。
このときに運動の速さを求めてみましょう。
「5打点分の距離」は「0.1秒間に動いた距離」でしたよね。
つまり、「0.1秒間に6cm動いた」ことになります。
0.1秒で6cmならば、1秒では、6cm÷0.1秒より、60cmとなります。
したがって、このときの速さは秒速60cmとなるわけです。

中3 物理 1 1 2答えあり

lecturer_avatar

次に図の図の右下にある紙テープを見てみましょう。
5打点分の紙テープの長さは10cmです。
この場合も同様に、「0.1秒間に10cm動いた」ことになります。
0.1秒で10cmならば、1秒では、10cm÷0.1秒より、100cmとなります。

中3 物理 1 1 2答えあり

lecturer_avatar

このように、 テープの長さ移動した距離 を、 打点の数かかった時間 を表しています。
この2つを組み合わせることで、 速さ を求めることができるのですね。

中3 物理 1 1 2答えあり

Itami
この授業の先生

伊丹 龍義 先生

教員歴15年以上。「イメージできる理科」に徹底的にこだわり、授業では、ユニークな実験やイラスト、例え話を多数駆使。

テープの読み方
7
友達にシェアしよう!
Logo black
Register description
  • すべての授業の「要点まとめノート」「問題・解答」をPDF無料ダウンロードできる
  • 学校で使っている教科書にあわせて勉強できる
  • わからないところを質問できる

      会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

      この授業のポイント・問題を確認しよう

      運動とエネルギー

      Logo black
      Register description

          会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

          記録タイマーと速さ

          Logo black
          Register description

              会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

              中3理科