中2理科

中2理科
5分で解ける!海風・陸風の仕組みに関する問題

15
Movie size

5分で解ける!海風・陸風の仕組みに関する問題

15
春キャンペーン2019春キャンペーン2019

この動画の問題と解説

練習

一緒に解いてみよう

中2 地学7 練習 答えなし

解説

これでわかる!
練習の解説授業
lecturer_avatar

練習は、海の近くで発生する風に関する問題です。

昼には海から陸に風が吹き(海風)、夜には陸から海に風が吹く(陸風)

中2 地学7 練習 答えなし

lecturer_avatar

(1)では、昼と夜に吹く風の名前を答える問題です。
昼の図から確認していきましょう。
海から陸に向かって風がかかれていますね。
「海から吹く風」なので、「 海風 」といいます。
次に夜の図を見ましょう。
陸から海に向かって風がかかれていますね。
こちらも、「陸から吹く風」という意味で「 陸風 」といいます。

lecturer_avatar

(2)は、(1)の海風が生じる理由を答えさせる問題です。
太陽の光は、陸と海に同じように当たります。
しかし、陸と海では、温まり方に差がありましたね。
温まりやすいのは、陸の方でした。
プールのまわりにあるコンクリートをイメージするとわかりやすかったですね。
つまり、昼間には、陸の温度が高くなります。
すると、陸上の気温が、海上の気温よりも 高く なります。
温められた陸上の空気は、上に流れていきます。
これによって、陸上の気圧が、海上の気圧よりも 低く なります。
このようなしくみにより、海から陸に向かって風が吹くのでした。

答え
中2 地学7 練習 答えあり
春キャンペーン2019
海風・陸風の仕組み
15
友達にシェアしよう!
春キャンペーン2019

この授業のポイント・問題を確認しよう

天気とその変化

Logo black
Register description

      会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

      気圧と前線

      春キャンペーン2019春キャンペーン2019

      中2理科